2020年3月ニュース

【網走ニュース】TOPへ   Twitter


From 網走ニュース 31

春近し  畑への融雪剤散布

網走市内で農場への融雪剤の散布作業が始まった。春の足音が聞こえてきた。

写真は、明治地区での作業を収めた。明治地区は能取岬に近く、オホーツク海を一望できる場所もある。撮影した時は、網走沖に白い流氷の帯を見ることができた。

流氷がまだ残るこの季節、融雪剤の散布作業は、網走に春が近づいていることの”お告げ”でもある。

記者は偶然、作業風景に出会った。黒い粒上の融雪剤を載せたスノーモービルに似た専用車が、雪をかぶった畑の上をせわしくなく動き回っていた。流氷との別れは、農作業が本格化する季節でもある。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 30

大規模な送別会どうする?

範を示す「役所」を参考にしては?

新型コロナウイルスの影響より管内経済も大きなダメージを受ける中、飲食店においてはまとまった収益を見込める歓送迎会シーズンが近づいている。疲弊する飲食店の売り上げに貢献できる絶好の機会だが、国や道などを方針を踏まえると、数十人単位での宴会は自粛するべきか悩むところだ。そこで、市民行動の範を示す役割も担う「役所(役場)」の対応を調べてみた。  (大・記者)

今回の取材テーマは「役所(役場)の『部局単位』(大規模)での送別会の開催について」だ。世界規模で不測の事態に陥った今、「私たちができること」を考えるための”材料”なればと思い、取材を進めた。

■総合振興局 記者は3月26日、オホーツク総合振興局の総務課に取材した。部局単位での送別会は自粛し、同課の担当職員は「道庁による道民への感染予防の呼びかけを踏まえての考えです」と答えてくれた。ただ、担当者は地域経済の疲弊を懸念していた。

■北見市 複数の感染者が確認されている北見市。3月26日、広報広聴係に電話取材した。
役所職員の送別会の開催有無について、北見市役所としての方針は示されていないが、市長部局(11の部がある)のすべての部局は自粛としたようだ。ただ、同振興局と同様に地元飲食店の景況をかなり気遣っていた。

■紋別市 3月25日、総務課に電話取材した。担当者は「市役所としての方針はないが、総務部の送別会は中止にしました。おそらく、ほかの部局も自粛すると思います」

■美幌町 町長名のメッセージや予防策などを記した独自チラシを、職員自ら全戸配布するなどの取り組みを進める美幌町。3月27日、総務課に電話取材した。

担当職員は「役場としての方針は示されていないが、(感染予防策の内容を踏まえると)部局単位での送別会は自粛となります」。ただ、相当なダメージを受けている地元飲食店の支援策として「課や係単位など、小人数規模での宴会などでの対応も考えています」

■網走市 これまで紹介していた行政機関の中で、特異なのは網走市だ。

7つある市長部局のうち、5つの部局が送別会を開催する。ほかの部局は、「中止」または「検討中」だった(3月27日時点)

開催する主な理由は「地元飲食店の活性化」だ。宴会規模は30~40人で、居酒屋やホテルを予約しているという。

一方、中止にした部局はコロナウイルスの感染拡大を懸念。検討中の部局は「地元飲食店を応援したいが、大規模の宴会がいいのか、課や係単位の少人数がいいのか考えています」(関係職員)
―・―・―・―
役所(役場)にとって、地元経済の活性化は最重要課題である。コロナウイルスの影響で、地元飲食店などが悲鳴を上げる中、部局単位での大規模な宴会を開催することを単純に批判はできない。

ただ、不測の事態に合わせ、送別会のスタイルも変更していいのかもしれない。記者の知人によれば、会社の送別会を社屋で開催し、すべての料理は地元店のテイクアウトにしたという。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 27

混雑避けて感染予防

窓口業務の時間延長

新型コロナウイルスの感染防止策として、網走市は今月28日から4月5日に限定し、住民票の交付や水道料金支払いなどに応じる窓口の業務時間を延長する。期間中の土・日曜も開庁し、対応する。

市感染症危機管理対策本部(事務局=市保健センター)の発表資料によると、窓口業務時間延長と土・日開庁する部署は、戸籍保険課や子育て支援課、水道料金センターなど(表参照)。「例年3月末から4月初めにかけて、引っ越しに伴う手続き等の増加により、市役所窓口が大変混雑します。新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、市役所窓口の混雑を緩和するため、時間を延長します」(同本部)としている。

問い合わせは同本部(0152・43・8450)へ。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 26

春休み中 対応に苦慮

コミセン受け入れる?

春休み中の対応はどうすればいいの?―。網走市のコミセン管理を市から受託する団体の一部は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴った臨時休校措置が終了した以降、施設で子どもを受け入れるべきかの判断に苦慮しているようだ。市からは、春休み中の子どもの生活行動やコミセンでの受け入れ可否について方針が示されていないためだ。

(↑道庁のHPより)

網走市は、市内小中学校を2月25日から3月24日まで臨時休校にし、保護者に対しては不要な外出を控えるよう理解を求めてきた。しかし、春休み中の対応については国や道から具体的な方針は示されていない(3月18日時点)ことから、地域の子どもを受け入れているコミセンの一部は対応に苦慮している。

市内の西コミセンは、放課後や長期休み中の子どもの居場所作りとして、市内小中学生の利用料を免除している。通常はほぼ毎日、地域の子どもたちが施設を訪れて遊んでいるが、コロナウイルスによる臨時休校中は利用を自粛してもらっていた。

西コミセンの管理・運営業務を市から受託する、地域住民からなる運営委員会は、春休み中に多数の小中学生が訪れることが予想されることから、対応について協議。同委員会の上部組織となる西地区地域推進協議会は今月20日の役員会で、コロナウイルスの感染拡大を防ぐ観点から、小中学生の利用を規制する方針を固めた。

同協議会によると、春休み期間中の小中学生の利用規制項目は①保護者同伴②体温37度以上の場合は入館禁止③10人以上の”団体”は利用できない―などとなっている。協議会役員は「施設はお年寄りも多く利用する。感染した場合、重篤化する割合が高いとされる高齢者の命も守るための苦渋の決断」と話す。

地域人口が市内で最も多い地区にある潮見コミセンも、春休み中の子どもの受入れ体制については苦しい判断を迫られたようだ。運営団体の役員は「基本的には利用したい子どもは受け入れるという考えです」
ただ、施設内での感染を予防するさらなる対策が求められるのは必至。役員は「検温やアルコール消毒などの徹底を呼びかけなければ」とした上で、「市がきちっとした方針を示してくれると助かるのですが」と話していた。
―・―・―・―
今の不測の事態に対する重要な判断を、委託先の民間団体に任せるのは筋違いだ。極端な例だが、コミセンで感染した市民が亡くなり、遺族から施設の管理体制の不備を指摘された場合、誰が責任を負うだろうか。
水谷洋一市長は早急に、明確な方針を市民に示すべきではないだろうか。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 23

「感染者いません」宣言

網走市HPで周知   ネット不慣れなお年寄りは?

網走市は今月19日のHPで、市内で新型コロナウイルスの感染者はいないと発表した。市民の一部からは「感染者がいるのか、いなのかはっきしてほしい」との声が上がっており、”感染者いませんメッセージ”は一定の効果がありそうだ。ただ、HPだけでの周知なため、市内コミセンの一部は、パソコン操作に不慣れなお年寄り達のために、周知チラシを施設内に掲示する試みを始めた。

市はHPのトップ画面で「現在のところ、市内の感染者については、確認されておりません」と文言のみで周知している(今月21日午前11時現在)。市の担当職員によると、同19日朝から掲示を始め、「(感染者が市内にいる、いないといった)市民の疑心悪鬼に対応するため」としている。

HP上での”感染者はいませんメッセージ”は、「市新型インフルエンザ等対策本部」(事務局=市保健センター)の指示に基づいての措置。ただ、HPのみでの周知となっており(同21日時点)、「自宅にネットが環境整っていない」「パソコン・スマホ操作に不慣れ」といった市民が関連情報を知れる機会は極めて少ないのが現状だ。

西コミセンは対策の一環として、網走市内に感染者がいないことを伝える周知チラシを作成。施設の正面玄関、ロビー、トイレなどに掲示し、地域住民に理解を求めている(写真)。

周知チラシには日付を記入できるようにしており、「毎朝、市のHPをチェックした上で最新情報を来館者に伝えたい」(西コミセン)としている。
―・―・―・―
市内に感染者がいないことを周知する試みは評価できる。ただ、大半の市民は、HPに周知文が掲載されていることを知らない。地元マスコミへの広報要請はなく(同21日時点)、HPでの周知に限定しているのは問題だ。

不測の事態に陥った今、水谷洋一市長の指導力(役所組織のコントロール力など)が問われている。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 19

畑の雪割り、春近づく

油圧ショベルでせっせと

網走市郊外の畑沿いで、油圧シャベルによる雪割り作業が始まった。除雪車がはね上げて積もった雪を細かく砕くことで、融雪スピードを早める狙いだ。網走に春が近づいている。

テンポよく油圧ショベルのアームが動いていた。畑沿いに”山脈”のようになった雪の塊が、リズミカルに砕かれていた。

”山脈”は、車道用の除雪車が通過したあとに残った雪が重なってできたものだ。このままの状態だと、春の農作業に影響が出るため、油圧シャベルの出番となる。

オペレーターの男性は「この作業が始まると春が近づいてることを実感しますね」と話し、アームを自分の手のように器用に動かしていた。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 16

レンタルDVD盗み逮捕

ゲオ網走店で30代男

網走署は3月15日、店内のレンタルDVDを盗んだとして、清里町に住む会社員で30代の男を窃盗容疑で現行犯逮捕し、発表した。

発表によると、男は同15日午後5時過ぎ、網走市内のゲオ網走店内に陳列していたレンタルDVD2枚(5960円相当)を盗んだ疑い。同店の屋外駐車場で現行犯逮捕され、容疑を認めている。

同署への取材によると、男が不審な動きをしている様子を店内に設置した防犯カメラを通じて店員がチェックしていた。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 13

”貼り出し”は中止

高校の合格発表   新型肺炎の影響

新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、道教委は道内公立高校入試の合格発表について、従来の掲示板への貼り出しをやめ、各校のHPのみで周知することを決めた。オホーツク管内の道立高校も同様で、貼り出された掲示板前で歓喜する「15の春」の風景は、今年は見られないようだ。

(▽例年の合格発表風景=網走南ケ丘高校で=)

網走教育局に確認したところ、合格発表は今月17日(火)午前10時で、受験番号を記した貼り出しはやめる。ただ、各校のHPに合格者の受験番号を掲示して周知する。

例年、合格発表の当日は、各校の玄関前などに設置された掲示板に受験番号が記される。網走市の場合、いち早く合否を知りたい受験生や保護者らの多くが、掲示板の前に集まり、歓声を上げている。

道教委は、不特定多数の人が集まることで感染拡大の可能性が高まることから、貼り出しを中止にしたようだ。各校のHPよる周知は、インターネットが一般家庭に普及し始めた10年ほど前から定着しており、貼り出し中止に伴う大きな混乱はなさそうだ。

HPによる受験番号の発表は、17日午前10時から18日午後4時までとなっている。

同教育局によると、今年度の管内道立高校の受験者は、全日制が1556人、定時制155人となっている。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 12

休校中、児童館で受け入れます

「検温」「マスク」「弁当持参」して

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、網走市の児童館・児童センターは、臨時休校中の網走っ子を条件付きで受け入れている。担当職員はいつも以上にきめ細かい対応が求められており、マスクの着用・アルコール消毒などを徹底している。児童館を利用する際は、自宅での検温など、いくつかのルールがあり、市は早期に感染の拡大を抑え込むため、理解を求めている。

政府や道庁による休校要請に伴い、仕事などでわが子を自宅で面倒を見ることができない人達のための「子育て支援策」を求める声は多い。網走市の場合は、臨時休校期間(今月24日まで)において、児童館・児童センターで受け入れている。

市内には5つの児童館・児童センターがある(表参照)。市によると、受け入れ開始からの利用者が最も多かったのは、3月5日(土)の計15人だった。各施設の1日利用者は3人前後で推移しているという。

休校期間中の利用時間は午前8時から午後6時半。昼食は用意しておらず、弁当を持参してもらっている。
児童館・児童センターを訪れる前に、自宅などで「検温」することが利用条件の一つ。体温が37度以上だった際は利用できない。

マスクの着用・持参も条件。ただ、マスクの入手が困難な状況にあることから、「数に限りはあるが入手できない子どものために用意しています」(市子育て支援課)

施設内で昼食を食べる際は、子どもたちの間隔を2㍍ほどに保つよう心掛けている。食事や学習などで使うテーブルや遊具などはこまめにアルコール液で消毒しているという。

受け入れた子ども達の対応に当たる職員は、いつも以上に神経を使っていることが予想される。同課は「職員用のマスクは確保しているが数に限りはある」とし、休校措置がこれ以上長引くことを懸念する。アルコール消毒液もある程度は確保しているが、マスク同様に不安を抱えている。

児童館・児童センター利用についての問い合わせは同課(0152・44・6111)へ。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 10

流氷の壁”出現

網走市の藻琴海岸

網走市藻琴地区のオホーツク海岸に”流氷の壁”が出現し、観光客をはじめ地元住民を喜ばせた。読者の情報提供をもとに、本紙記者が取材してきた。

「流氷が折り重なって壁のようになっています」―。3月7日の朝、読者からの情報を受けた本紙記者は、現場の藻琴海岸に駆け付けた。

びっしりと敷き詰めた流氷のほか、海岸には数㌔にわたり山脈のような盛り上がりが続いていた。カメラ愛好家らしき数人がシャッターを切っていた。

山脈のような盛り上がりは、流氷が重なってできたものだった。流氷の壁を見ながら、記者は「3月5、6日の猛吹雪の影響で出現したのでは。強い風が、海面漂う流氷を岸に押し上げ、重なったのではないか」と推測した。

新型コロナウイルスの影響で、網走市を訪れる観光客は激減している。ただ、それでも「流氷」などを目的に来網する外国人旅行者らはおり、流氷の壁が出現した朝も、網走沖の氷原に歓声を上げる観光グループの姿を見かけた。

網走地方気象台データによると、昨季の「海明け」は2月27日だった。近年は「3月」前後で推移しており、今季の流氷ともそろそろお別れの季節が近づいているようだ。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 9

網走市はなぜ閉鎖しないの?

体育館やプールなど

コロナウイルス感染拡大を踏まえ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府や道庁は自治体に小中学校の休校措置を呼理解を呼びかける一方、数人の網走市民から「なぜ、網走市の文化・スポーツ施設は休館にしないの?」といった疑問が本紙に寄せられた。近隣市町の実情を含め、調べてみた。  (大・記者)

(↑「緊急事態宣言」を趣旨を呼びかける道庁)

■非常事態宣言 道の鈴木直道 知事が発表した緊急事態宣言。宣言期間は「2月28日~3月19日」までとなっており、道内各市町村はこの宣言趣旨や道教委の考えなどを踏まえ、公共施設や小中学校の休校措置を取り、感染拡大の抑止に力を注いでいる。

市内小中学校の臨時休校期間が今月24日までの延長が決定(3月3日)した以降、網走市民の一部から「多くの市民が集まる体育館やエコーセンターなどはなぜ休館にしないの?」といった素朴な疑問が本紙に寄せられている。(※市内の道立北方民族博物館は今月19日まで休館)

記者は、市内の社会教育施設に絞って、調べてみた。

 ■開館中 まず、取材対象とした市内の社会教育施設を紹介する。次の通りだ。▽エコーセンター▽図書館▽美術館▽郷土博物館▽モヨロ貝塚館▽総合体育館▽市民健康プール▽スキー場

3月5日時点の市のHPによると、取材対象の施設は開館している。開館理由について、網走市教委社会教育部に電話取材すると、「市の新型インフルエンザ等対策本部が決定することで、社会教育部は対策本部の方針に従っているだけです」との返答だった。

市の対策本部の中心業務は市健康福祉部が担っている。休館(閉鎖)しない理由について、同本部の考えは①網走市内で感染者が確認されていない②公共施設の最低限のサービスを維持する―だった。

■近隣市町 多数の感染者が確認れた北見市は、市の関連施設は休館(閉鎖)。紋別市も同様の措置を取っている。

美幌町は町内に感染確認者はいないものの(3月5日時点)、公共施設はすべて閉鎖している。閉鎖期間は、緊急事態宣言の宣言期間に合わせ、3月19日までとなっている。

また、注意喚起を促す独自チラシを作成し、職員が手分けして全戸配布したという。HPには理解を求める町長名のメッセージも公表している。町総務部を取材した。

社会教育施設を含むすべての公共施設を閉鎖した理由について、町総務部は「感染の拡大防止。道知事の緊急事態宣言も踏まえています」。

公共施設を閉鎖したことに伴い、町民から苦情は寄せられていないのだろうか?―。同部は「苦情はありません。ありがたいことに町民は今の事態を理解してくれていると感じています」と答えてくれた。
―・―・―・―
国内の大半の市町村が臨時休校措置を取った理由は、「クラスター(集団)での感染を防ぐ」ためだ。社会教育施設は不特定多数の市民が多く集まるケースが多く、学校と同様にクラスターができる可能性は高い。

新型コロナウイルスの感染拡大は、地域経済に大きなダメージを与え始めた。実際、網走市内では悲鳴を上げる宿泊施設や飲食店などが目立つ。こうした事態を終息するためには、感染の拡大を早期に抑え込むことが重要だ。

道の緊急事態宣言について賛否はあるが、自治体はその趣旨をしっかりと読み解き、受け入れることで、住民の理解を得られるのではないだろうか。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 6

東農大、卒業・入学式を中止
 
臨時休校期間を延長 一部が児童センターで受け入れ
新型コロナウイルスの影響を考慮し、東京農業大学網走(生物産業学部)は、卒業式と入学式の中止を決定した。1989(平成元)年の開学以来、初めての措置。網走市教委は小中学校の臨時休校期間を今月24日まで延長し、保護者の就労などで自宅で待機できない子どもは、児童館・児童センターで受け入れる。
同大は3月3日、公式サイトで発表。「新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応」として、3月17日予定の学位授与式、翌日の関連式典、4月4日の入学式・式典を中止にしたことを発表した。
 国内では法政大学などが早い段階で卒業式の中止を発表。同大もコロナウイルスの感染が拡大する兆候が出た時期から、検討を進めていた。
同大網走の開学時から勤務する職員は「網走に農大が誕生後、卒業式・入学式が中止になるのは初めて」と複雑な表情。過去、新型インフルエンザの流行で、学祭「収穫祭」の開催期間の短縮、一般市民の入場を規制したことはあった。
一方、網走市教委は市内小中学校の卒業式については、道教委などの判断(指針)を注視しながら検討を進めている。
休校期間の長期化に伴い、仕事などで自宅で子どもの面倒を見ることが難しい保護者は少なくない。
市は、こうした保護者らの対応策として、一定の条件を満たせば、児童館・児童センターで子どもを受け入れる。ただ、児童館・児童センターは基本的に、臨時休校期間と同様に今月24日まで休館する。
臨時休校期間に合わせ、子育て支援センター(どんぐり、ひまわり)は、集団での教室などは中止にするが、個別利用は1時間以内なら可能とした。こども発達支援センター(ふわり)は、集団指導を中止、個別指導は通常どおり行う(同5~19日)。
―・―・―・―
主に道外の保護者らも出席する東農大網走の卒業式・入学式の中止は、地域経済にも大きな影響を与えそうだ。ただ、事態を踏まえれば、やむを得ない判断であろう。
政府の方針を受け、網走市も臨時休校期間が延びた。”方針”についての賛否はあるが、網走市の水谷洋一市長には”まちの問題”としてしっかりと受け止めた上で、仕事を休むことができない保護者らを含め、網走っ子の学校以外での受け入れ先になどついて、きめ細かな対応が求められている。
【ニュース】3 月TOP

From 網走ニュース 5

マスク必要な人は誰?

WHO「健康な人は感染疑いがある人をお世話している場合のみ」

感染の”拡大”防止に効果

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国内においてマスクの入手が困難な状況が続いている。網走市も同様で、市内ドラッグストアは店頭に「本日、入荷の予定はございません」などと書いたポスターを掲示するなど、対応に苦慮している。こうした混乱に巻き込まれる市民には、「マスクが必要な人は誰なのか」との疑問も生じるはず。WHO(世界保健機関)や首相官邸HPなどの関連情報をまとめてみた。

■マスクせずに怒られ 「ちょっと落ち込んでいます」―。市内の企業などを顧客に持つルートセールスマンは先日、訪問先で「なぜマスクを着用しないのか」と注意を受けたという。この時のセールスマンの健康状態は、「咳・くしゃみはなく、風邪は引いていませんでした」(本人)

網走においてのこうした状況を相次いで目にし、耳にした本紙記者は、「マスクが必要な人は誰なのか?」という疑問について調べることにした。ただ、記者は網走在住で東京や海外に即座に出張取材できる状況にないため、ウエブサイトを中心に調べてみた。

■世界保健機関の見解 3月3日の朝、記者はグーグルからWHOの公式HPをチェックした。日本語訳にもできるので、市民も簡単に読むことができる(写真)。

マスクの着用については「健康であれば、(コロナウイルスの)感染の疑いがある人の世話をしている場合のみマスクを着用する必要があります」としていた。

■”拡大”を予防 首相官邸のHPは「現在、予防用にマスクを買われている方が多いですが、感染症の拡大の効果的な予防には、風邪や感染症の疑いがある人たちに使ってもらうことが何より重要です」と呼びかける。

次は、マスクの製造状況や流通情報も扱っている経済産業省のHPだ。

「予防のためにマスクを着用すべきですか?」との問いに対して、「混み合った場、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる予防効果があまり認められていません」と答えている。

■必要な人は 網走市内のある教育関係者の話だ。
「教育者として子どもたちの健康を守りたいと切に願っている。先生のマスクの着用は必須だ。ただ、(運営する施設での)マスクの在庫が少なくなってきており、入手も困難な状況。不安だけが募ります」
―・―・―・―
WHOなどのHP情報をまとめると、マスクが有効なのは「感染の予防」よりも、「感染の拡大予防」だ。マスクが本当に必要な人は誰か―。市民には、冷静は判断が求められている。


From 網走ニュース 5

人口減少社会に挑戦 第2期総合戦略

もち麦の消費拡大 目新しい施策なし

網走市の水谷洋一市長の主要政策テーマの一つ「人口減少社会への挑戦」を実現させるための施策集「第2期総合戦略」の素案がまとまり、市民に公開されている。素案には、オホーツク産もち麦の消費拡大などが盛り込まれているものの、目新しい”網走ならでは”の施策は少ないのが特徴。第2期の戦略期間は2020年度から27度までとなっており、水谷市長にとっての”新たな挑戦”がもうすぐ始まる。

水谷市長(現在3期目)は就任2期目からの主要政策テーマに「人口減少社会の挑戦」または「(人口減少の)インパクトの緩和」を掲げる。

総合戦略は、安倍政権の看板政策の一つ。自治体で策定した戦略に対して、関連する交付金を配分し、人口減少に歯止めをかける狙いだ。

網走市の第2期戦略は、2040年までに人口3万2900人(19年1月末の人口は3万4988人)を確保するための5つの目標からなる。第1期の戦略目標とほぼ同じで、「雇用の場の創出」「交流人口の拡大」「結婚・出産・子育て環境の充実」「東京農大、日体大と連携した人材育成」「共生型地域社会づくり」が柱になっている。

5つの目標についての具体的な取り組みの一つ「地域産業の競争力強化」では、オホーツク産機能性もち麦の国内消費を、5年後までに年間10㌧に増やす。また、網走を特産地にするらしいが、戦略には具体的数値を示していない。

「就労機会の拡充」では、市と網走商工会議所が支援した企業・創業数を5年間で10社にする。また、網走に定住する地域おこし協力隊員数を5年間で5人にする。

日体大附属高等支援学校との連携では、卒業生の市内就職者を5年間で15人にする目標を立てた。同校は今月、初めての卒業生を輩出することになり、市内就職者が何人なのか注目される。

雇用の場の拡充や地域経済の活性化に即効性のある観光振興については、5年後までに年間入り込みを199万人、宿泊数を46万人にする。ただ、この目標値から弾き出した「宿泊率」は23・1%で、基準値(2018年度実績)の24・01%を下回る数値設定となっている。

素案の内容は、市のHPで公開。市は市民の意見を踏まえた上で、今年度内の策定をめざす。
―・―・―・―
総合戦略は、網走市の人口減少ペースに歯止めるをかけるための核となる施策集である。
1期戦略の結果検証を踏まえた上での”教訓”を、第2期戦略にどのように反映させ、推進していくのか―。水谷市長の舵取りに期待がかかる。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 4

緩む湖面   転落注意

ワカサギ釣り 網走海保が呼びかけ

網走海保は気温の上昇に伴い湖の結氷状態が緩むことから、能取湖などでのワカサギ釣り中の転落事故などに注意するよう呼びかけている。

網走海保は毎年この時期、転落事故防止などを呼びかける活動を展開。湖上の釣り人への注意喚起や啓発看板(写真)などを通じ、理解を求めている。

同海保によると、2009(平成21)年3月20日には、サロマ湖上で釣りをしていた4人が湖中に転落し、このうちの2人が死亡する事故が発生。また、2013(平成25)年1月3日には、能取湖で釣りをしていた男性が吹雪により方向を見失って湖中に転落し死亡するケースも起きている。

【注意点】
①単独行動は控える
②事前に気象情報を入手し備える
③気温上昇時は湖面の氷の状態に注意
④テント内を十分に換気し、一酸化炭素中毒を防ぐ


From 網走ニュース 4

網走刑務所に図書贈る

オパール親睦会 恒例の善意

刑に服した人が社会に出たあとの支援活動に取り組んでいる、網走オパール会(土屋善治郎会長)は、網走刑務所に図書17冊を寄贈した。

毎年恒例の善意で、1997(平成9)から続く。今回は土屋会長らが刑務所が訪れ、同刑務所の平澤由行署長に目録を手渡した。

同会は94年に発足。図書の寄贈は、活字を通じて受刑者の感性や教養などを高め、社会復帰したあとの人生に役立ててもらう狙い。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 3

小学男子が全種目で全国平均超え

網走っ子、肥満多く

網走市教委は、市内の小学5年生と中学2年生の男女を対象に実施した「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」の結果を発表した。体格調査では、網走の小学・中学男女ともに肥満傾向割合が全国平均より多かった。実技調査(全8種目)では、小学男子がすべての種目で全国平均を上回った。

調査は、文部科学省の方針で毎年実施。網走市は同市教委が窓口となり、今回は小学5年生275人と中学2年生298人を対象に、昨年4月から7月末まで体格と実技などを調べた。

体格調査の肥満傾向割合では、網走の小学男子が15%、同女子14.4%、中学男子13%、同女子7.6%。いずれも全国平均より多い割合だ。

前年数値と比べると、網走の小学男子は3.8ポイント、中学女子は4.2ポイントの減。一方、小学女子は3.0ポイント、中学男子は0.1ポイント増えた。

実技調査では、網走の小学女子、中学男子は3~4種目で全国平均を上回った。一方、中学女子はすべての種目で下回った。

こうした結果について、同市教委は「小学生は男女ともに課題が見られた種目の平均値に改善の傾向が見られる。中学生は女子が全種目で全国平均を下回ったものの、全国平均に近づく種目が増える傾向にある」(資料より)としている。

調査結果は、市のHPで公表している。問い合わせは同市教委(0152・44・6111)へ。

【ニュース】3 月TOP


From 網走ニュース 2

中止・延期の一覧完成    HPで公開

コロナウイルスの影響踏まえ

新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、網走市は市主催の会議やイベントの開催有無などをまとめた一覧表を作成し、HPで公開している。市民からの問い合わせに迅速に対応するため、関連情報を集約し、HP上で一本化した形だ。一方、市内の道立北方民族博物館は、道の方針を踏まえて臨時休館した(3月16日まで)。こうした道立の社会教育施設の措置は、網走市の判断にも影響を与えそうだ。

コロナウイルスの感染が拡大する中、市は先日、3月末までの会議やイベントの開催などについて検討する方針を固めた。伴って、2月27日時点での開催の有無や中止、延期の状況を各部署から集約し、一覧表にまとめた。
3月末までの状況がまとめられている一覧表は、HPで閲覧できるようにした。また、ファイルをダウンロードすれば簡単にプリントできよう配慮した(写真)。
一覧表では、会議・イベントの中止、または延期情報がひと目でわかる。これまで、市民の問い合わせには、担当する各部署が中心となり対応してきたが、今後はHP上で簡単にチェックできるようになった。パソコン環境が整っていない市民は、従来通りに市役所に問い合わせれば、窓口の職員が一覧表を見て返答する。
会議やイベントの中止・延期が相次ぐ中、道立北方民族博物館は臨時休館に踏み切った。同館は「道の方針を受けての措置」とした上で、「今後の状況によって、休館期間を変更する場合は改めてお知らいたします」としている(報道発表資料より)。
―・―・―・―・―
網走市立の社会教育施設はエコーセンターをはじめ、郷土博物館、美術館、プール、総合体育館などがある。いずれも不特定多数の市民が訪れる施設だ。道立北方民族博物館が臨時休館措置を取ったことで、網走市はどのような判断をするのか、水谷洋一市長の決断が注目される。

【ニュース】3 月TOP

 

Abashiri news From denshobato