2019年11月ニュース

【網走ニュース】TOPへ  Twitter


From 網走ニュース 27

連載「統計から見える網走」1回目

「廃棄物」「医療」を比べる

網走市は、今後のまちづくりなどに役立てるための各種データをまとめた資料「統計から見える網走市の姿」最新版を公表した。資料では各種データに応じたランキングを作成しており、本紙連載では”記者注目”のランキングを紹介する(3回連載)
※ランキングは道内の「市」においての順位

「―網走の姿」はほぼ毎年、作成・公表している。令和元年版には、最新データとなる2018(平成30)年の結果も収められてる。今回の記事では「ごみ」と「医療機関」に焦点を当ててみた。

■リサイクル率 17(平成29)年度の網走市の廃棄物リサイクル率は23・3%で、全道ランキング13位。1位は富良野市の55%だった。管内を見ると、紋別市が11位(23・6%)、北見市は28位(19・3%)だった。

前回調査(16年度)で網走市は30位(16・5%)と下位だったが、新たな廃棄物処分場の建設に伴って排出ごみの分別法が細分化されたことがランクアップにつながったと思われる。

「1人1日当たりのごみ排出量」(18年度調査)を見ると、網走市は872㌘で31位。全道的に見て網走は「ごみ排出量が少ないまち」とも言えそうだ。

■病院 「人口千人当たりの病院・一般診療所数」(18年度調査)ランキングを見てみると、網走市は0・578施設で25位。1位は歌志内市の1・467施設だった。
前回調査(17年度)で、網走市は30位(0・537施設)だった。

■歯科診療所 「人口千人当たりの歯科診療所」(18年度調査)ランキングで、網走市は26位の0・468施設。前回調査(17年度)と順位は変わらず。

管内を見てみると、紋別市が23位(0・488施設)、北見市は30位(0・455施設)だった。
―・―・―・―
「データ」はまちの現状を客観的に具体的に見せてくれる。市がまとめた資料は、「ごみが多い」「病院が少ない」などといった感覚だけでまちづくりを考え、語ることの危うさにも気付かされる。
次回は「児童・生徒数」や「火災出火率」などのランキングを紹介する。


From 網走ニュース 27

2019まなび塾フェス

生涯学習の楽しさ体験

網走最大級の生涯学習イベント「2019あばしり まなび塾フェスティバル」(実行委員会主催)が、市内エコーセンター2000全館を会場に開かれた。

ダンスや武道、アート、科学、日本文化、食、国際交流などをテーマした”まなびブース”が出展し、訪れた2千人以上の市民に生涯学習の楽しさを伝えた。

同センターの”誕生日”(2000年11月23日)に合わせた恒例イベント。今年は20以上のブースが出展し、すべて市民グループや団体により企画・運営されるのが最大の特徴だ。

イベントの締めくくりは、同センターロビーに設置した高さ約7㍍の巨大クリスマスツリーの点灯式。参加した網走っ子は、サンタクロースに扮した実行委メンバーのカウントダウンに声をそろえ、電飾に明かりが灯ると大きな拍手を送っていた。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 26

ガード下に不法投棄

網走署など合同パトで発見

網走市内を通るJR釧網本線の高架線下で、ソファやマットレスなどの不法投棄ごみが見つかった。網走署と網走市の合同パトロールで発見され、処分費が高額なものが多く、関係者は悪質なケースとみる。市は「今後もパトロールを強化し、不法投棄を撲滅した」と話している。

▽高架線下で発見された不法投棄ごみ(網走市提供)

不法投棄ごみは、市道・山下通りの南8条あたりに架かる高架線の下で見つかった。今月11日に実施された合同パトロール中、ソファやマットレス、生ごみを含む生活ごみが散乱していているのを関係者が発見した。

いずれもルール違反のごみばかり。ソファやマットレスについて、市の担当者は「処分手数料が高額であるため不法投棄したのかもしれない」と推測する。

市によると、2人以上が座れるスプリング入りソファの処分手数料は1万円、セミダブル以下のマットレスは6千円。埋立てごみ、粗大ごみなどの処分手数料と比べると高額で、関係者によると「スプリングの処理に手間がかかるため」という。

今回の”現場”は市街地であるものの、歩行者や通行車両からは見えにくいガード下。この場所は以前から不法投棄されるケースが多かったものの、近年はパトロールの効果もあってか悪質なケースは減少していた。

網走署と市による合同パトロールは年2回実施される。これまでは郊外地区で不法投棄を発見するケースが大半で、監視カメラを設置するなどの対策を講じてきた。

今回の合同パトロールでは、市道・天都山展望線沿いの民有地でも、家電製品の部品など不法投棄ごみが発見されている。

市清掃リサイクル係は「一部のごみの中から排出者が特定できる証拠物を見つけており、網走署から本人に指導してもらった。今後も関係機関と連携し、不法投棄に目を光らせていきたい」としている。


From 網走ニュース 26

飲酒運転レッドカード

網走地区安協 ”緊急チラシ”作成

網走市内で飲酒運転で逮捕される市民が相次いでいることから、網走地区交通安全協会と網走署はルール厳守を呼びかけるチラシを急きょ作成した。同地区安協は「忘年会シーズンも控えており、チラシを作成した。飲酒運転は絶対にダメ」と理解を求めている。

11月に入り、網走市内で酒気帯び運転の疑いで男性市民が現行犯逮捕されるなどの事案が相次いでいる。同署発表の報道メモなどを基に本紙が確認しているだけで3件(同22日現在)あり、オホーツク総合振興局の男性職員の場合は市内で飲酒後、車を運転して帰宅した際、同署に検挙された。

こうした事態を重く見た同地区安協は、先日の会合で飲酒運転撲滅に向けた対策を協議。「『何かしなくては』との意見が多く、まずはチラシを作成して配布することにしました」(事務局)。

チラシはA4版で、表面は「飲酒運転は、凶悪な危険行為です」と書かれたタイトル文字が目を引く。裏面は、飲酒運転の罰則規定などをイラストを交えて紹介している。

先日届いた約500枚のチラシはまず、網走市安協の7支部を通じて配布を開始。公共施設や飲食店などに配られ、同安協メンバーによる飲酒運転撲滅に向けた”草の根”運動が展開されている。

事務局は「年末年始はお酒を飲む機会が増える。飲酒運転は、お酒を提供した人、同乗した人も罰せられることもある」とし、社会全体で飲酒運転をさせない・許さない雰囲気を創出したい考えだ。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 22

初出場で全道V

東農大バーベルクラブ

ウェイトトレーニング好きの学生が集まり発足したばかりの「東農大オホーツクバーベルクラブ」が、初めて出場した公式大会「北海道学生パワーリフティング選手権大会」(11月10日、札幌市)で団体優勝した。主将の三門さんは「全道大会で優勝したことを機にパワーリフティングに興味を持ってくれる人がもっと増えてほしい」と話している。

同クラブは先日、正式に同大のサークルとして登録されたばかり。アメフトやラグビー、陸上などの筋肉トレーニングとして市内ジムで汗を流していた同大学生が意気投合し、サークル結成に至った。

サークル名を「バーベルクラブ」としたのは、「『パワーリフティング』という言葉より多くの市民が知っている言葉のほうが認知されやすいと思いました」(関係者)。

道学生選手権大会には、強豪の北海学園大学や室蘭工業大学などの大学・専門学校が出場し、個人・団体で実力を競った。

パワーリフティング競技は、ベンチにあお向けに寝てバーベルを持ち上げる「ベンチプレス」、肩に乗せて屈伸する「スクワット」、立った状態で床に置いたバーベルをひざ下まで持ち上げる「デッドリフト」の3種類。各種目で成功した最重量の合計で順位が決まり、団体戦は個人ポイントの合計で競われる。

東農大は「53㌔級」から「120㌔超級」に9人が出場。このうち4人が優勝した。

三門さんは120㌔級に出場。ベンチプレスで142.5㌔をマークし、周囲を驚かせた。120㌔超級に出場した堀江さんは前日の計量で規定体重をわずかに下回る〝アクシデント〟があったにもかかわらず、一晩で4㌔以上の増量に成功し、スクワットで145㌔をマークした。

三門さんはこの大会で引退。次期主将に内定している大川さん=全道「74㌔級」個人で2位=は「新メンバーの勧誘をしっかりして、サークル全体を成長させたい。まずは大学内でパワーリフティングという競技を広めたいです」と張り切っている。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 21

西コミ子どもまつり

市民手作り体験学習イベント

網走市民が企画・運営する体験型学習イベント「2019西コミセン子どもまつり」が、市内の同コミセンで開かれた。

3回目を迎えたイベントでは、市民有志が運営する7つの学習ブースが登場。牛乳パックを利用したびっくり箱や鼻呼吸の習慣づけを狙った「くるくるストロー」、紙ホイッスル、折り紙ツリー、オリジナル・マラカスづくりなどが提供され、訪れた約150人の網走っ子らは自分のペースで自由なスタイルで楽しんでいた。

ステージイベントでは、朗読劇と音楽のコラボレーションや「音のふしぎ」をテーマにしたサイエンスショーが繰り広げられ、網走っ子を喜ばせた。

主催した西地区地域活動推進協議会イベント・子ども部会メンバーは「初参加の親子の姿が目立ちました。来年も多くの人に参加を呼びかけたい」と話していた。


From 網走ニュース 21

不発弾? 鉄の塊と判明

女満別の畑で発見

網走署の発表によると、11月20日に大空町女満別開陽の畑で発見された砲弾のようなものは鉄の塊だった。

鉄の塊は、農作業中の住民が発見し、大空町役場に通報した。連絡受けた同署は自衛隊に出動要請した。自衛隊が確認したところ、砲弾のようなものは鉄の塊と判明した。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 20

網走―新千歳APの通年運行決まる

網走バス「千歳オホーツクEX」、空港直結

網走バス株式会社は、網走市と新千歳空港を結ぶ高速バス「千歳オホーツクエクスプレス(OXP)」の通年運行を決めた。実証実験を通じた乗客ニーズや地元観光関係者らからの声を踏まえ、12月20日から本格運行に切り替える。新たな専用車両の導入準備も進み、同社は「地域の観光振興にも弾みをつけられたら」と話している。

千歳OXPは、網走と新千歳空港を高速バスで結ぶ初の試みとして、今年7月20日から10月14日までの実証試験として運行。1日1往復し、網走を午後10時20分に出発し、翌朝の午前6時過ぎには同空港に到着する。

同社は千歳OXPの魅力を「国内外を旅行する際のアクセスに便利な千歳市まで寝ながら行けること」とする。網走と札幌市を結ぶ高速バスは以前から運行されているものの、札幌から同空港まで行く際は別の交通機関を利用しなくてはならず、その煩わしさも解消することも実証試験の目的だった。

千歳OXPの車両は29席で、同社によると、これまで最も多かった乗客数は16人。満席になることはなかったが、網走―札幌間の高速バスの利用者層とのすみ分けが明確だったことを実感したという。

通年運行を決めた背景には、乗客ニーズに加え、市内の観光団体からの要望もあったようだ。

国土交通省は今年7月、同空港の1時間あたりの発着枠を現在より2割多い50回に拡大すると発表。こうした背景も踏まえ、「地元の観光関係者らからは千歳OXPの通年運行を望む声が寄せられていた」(同社)。

同社は、通年運行の決定を踏まえ、専用車両を新たに導入する。「車内にブラインドカーテンを設置するなど乗客のプライベート空間を充実する考えです」としている。
千歳OXPは予約制。女満別、美幌、北見、南千歳駅でも降りられる。 問い合わせは同社(0152・43・4101)へ。


From 網走ニュース 20

市民ランナーを派遣

天童市で網走PR


網走市は、11月3日に観光物産交流都市・山形県天童市で開催された「天童ラ・フランスマラソン2019」ハーフマラソンに市民ランナー5人と市職員1人を派遣し、網走マラソンやまちの特産品をPRした。

市民ランナーを派遣する”マラソン交流”は、昨年から本格化。網走市は、公募した市民ランナー1人につき3万円を助成する制度を設け、天童市との交流に弾みをつけたい考えだ。

今年の「ラ・フランスマラソン」には約7千人が出場。コース沿道に設けた「網走ブース」では、網走市の職員がカニのむき身(約4千食)と揚げかまぼこ(約2千食)をランナーに配布し、網走自慢の味を提供した。

一方、網走市からの派遣ランナーは来年の網走マラソンをPRする揃いのTシャツを着用してゴールをめざし、全員が完走した。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 20

小林さんの「折り紙楽!!」パート8の1

「クリスマスツリー」

冬が近づくと折りたくなるのが「クリスマスツリー」です。今回の作品は3つのパーツをのりで付けて完成させました。折り方はとても簡単。「親子で一緒に作っても楽しいでしょうね」(小林さん)

ツリーのてっぺんに紐を付ければ、色々な所に飾れます。ツリーとして、またはオーナメントとしても利用できます。最近の折り紙はデザインが豊富なので、アイデアしだいでかわいく、斬新なクリスマスツリーができます。挑戦してみてください。

※専門誌「人気折り紙」(山口真著)を参考にしています

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 19日

冬の使者、網走に到着
濤沸湖で個体数調査

冬の使者・ハクチョウが、網走市と小清水町にまたがるラムサール条約登録湿地の濤沸湖に続々と飛来している。ハクチョウの生態や取り巻く自然環境などを把握するための基礎資料となるハクチョウの個体数調査も始まり、調査初日には776羽が確認された。

同市が管理・運営する同湖水鳥・湿地センターによると、今春以降の濤沸湖へのハクチョウの初飛来は10月10日だった。飛来時期は例年通りだが、今年の特徴として「1日に飛来する数がとても多い」と言う。観測初日の同日は約180羽を確認しており、「例年だと初飛来の日は数羽ほどしか訪れないのですが」と話していた。

個体数調査は今月9日にスタート。同26日までの計4回実施する計画で、同センターの登録ボランティアで組織される「濤沸湖ファンクラブ」や日本野鳥の会オホーツク支部、オホーツク総合振興局、小清水町によって進めめられる。
調査は2004(平成16)年から続けられ、昨年の調査初日(11月1日)には625羽が確認された。

(※写真はいずれも濤沸湖・水鳥湿地センター提供)

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 15

公共交通を守る

二種免許の取得費を補助

公共交通の運転手確保策として、網走市が創設した免許取得費の助成制度が好評だ。11月11日現在でバスやタクシー会社で5人のドライバーが助成制度を活用して”誕生”した。網走バスは「ドライバーの確保は大きな課題。公共交通を維持する、助成制度は嬉しい」としている。

市の助成制度は「公共交通運転手確保対策支援事業」として、今年度当初予算に60万円を計上。市内のバス会社、タクシー会社の社員が、第二種免許運転免許を取得する際の費用の一部を助成する。助成額の上限は、バス会社が1人につき20万円、タクシー会社は10万円。

これまでの実績「5人」について、市商工労働課は「好評だと感じている」とする。

地方都市の網走市にとって、バスやタクシーは重要な公共交通だ。しかし、運転手の確保は大きな課題で、速まる人口減少ペースが深刻さに追い打ちをかけているような状況だ。

網走バスは今年度、助成制度を活用して2人のドライバーを誕生させた。このうちの1人は高校卒業後に入社したフレッシュマン、もう1人は30代の社員。同社は「二種免許を取得するのに50万円ほどかかる。市の助成制度は助かる」と感謝する。

同社によると、現在の運転手は約80人。近年のドライバー数は同様に推移しているものの、50代後半が全体の3分の1ほどを占めており、この年代の定年退職時期を見据えた運転手の確保は、まちの大きな課題としても浮上している。

市の助成制度のほかにも、同社は独自の運転手確保策に力を入れる。免許取得費の貸与制度(一定の条件をクリアすれば返済は不要になる)をはじめ、バスの運転体験会がある。体験会は網走自動車学校の協力を得て実施し、毎回20人以上の参加者がいる。

同社総務部の佐藤忠義部長は「市の助成制度があることで、一般的な費用の半額ほどで第二種免許を取得させられるのは魅力」とした上で、「網走の公共交通を守るため運転手の確保に力を入れていきたい」と話していた。


From 網走ニュース 15

あなたは何歳?

血管年齢を測定

今後の健康づくりなどに役立ててもらう、血管年齢測定会が、網走市の西コミセンで開かれた。3日間で217人の市民が訪れ、専用機器で自分の血管が何歳なのかを測った。

市内の西地区(大曲や新町地区など)の住民らで組織される地域活性化団体「西地区地域活動推進協議会」の主催で、昨年に続き2回目。測定器を北海道国保連合会から借り受け、地域住民らに参加を呼びかけた。

測定器「ボディーチェッカー」は、モニターと一体型のコンピュータに接続されたコードの先端クリップに左手の人差し指を入れるだけで測れる仕組みになっている。1分半ほどで測定は終わり、コンピュータからレシート状の結果報告書が出てくる。
参加者数を日別で見ると、2日目の92人が最も多かった。同協議会は「高齢者以外の若い世代の参加が目立ったことなどが今回の特徴です」。

血管年齢が「51歳」と測定された70代の女性は「こんなに若く測定されるとは思いませんでした。今後の健康づくりの一つの目安になります」と話していた。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 13

「調べてみました」

役所のアンケート対象者

網走市役所が無作為抽出した市民を対象に実施するアンケート調査。以前から記者には、読者数人から「何度も調査対象者に選ばれる。なんで?」―といった素朴な疑問が寄せられていた。抽出方法などを調べてみた。 (大・記者)

↓無作為抽出で選ばれた市民に届いた庁舎建設に関するアンケート用紙

■私ばかりが… 「また来るな、と思っていたらやっぱり来ました。不思議ですよね」

昨年2月、数人の市民との会話中、輪の中の女性がつぶいやた。記者が尋ねると、「これまでに数回、市の無作為抽出のアンケートの対象者に私が選ばれる。

知床ナンバー』導入についてアンケート調査をするとの記事を読んだとき、『あ、また選ばれるな』と思っていたら、やっぱり」と笑っていた。

別な女性市民からも同様の話を聞いた。彼女は「なんで私ばかりなのかな、と。家族も不思議がっています」。別の男性市民もこれまでに何度も調査対象者に選ばれ、今年10月に配布された新庁舎建設に関するアンケート用紙も自宅に届き、記者に笑いながら見せてくれた。

■コンピュータで 無作為抽出する作業は、市役所の情報政策課が担う。担当者に聞くと、抽出作業はすべてコンピュータで行うという。抽出の流れを簡単に説明すると、①調査要件で示された年齢や性別などの条件に合致する対象者をすべて選ぶ②すべての対象者から調査人数(網走市の場合は『2千人』の場合が多い)に応じた対象者を抽出する(コンピュータの表計算ソフトを用いる)③抽出された対象者に調査票を送る―となる。

つまり、市の説明では、調査対象者を抽出する際は、”人の手”で行わず、コンピュータに”お任せ”しているのだ。

■倍率15倍 市が直近で実施した、無作為抽出の市民アンケートは、新庁舎建設に関するアンケートだ(10月に調査票を配布。回答締め切りは同31日)。この調査を例に、抽出までの大まかな流れを説明する。

このアンケートを担当する部署は市庁舎整備推進室だ。同室に取材してみた。

同室はまず、アンケートの調査対象者を「2千人」とした上で、調査要件を「15以上の男女」「1世帯につき1人」を基本に、2015(平成27)年の国勢調査で明らかなになった市内の世代別構成割合(市内全世代に占める各世代の割合)に準じた、年齢構成割合にする―とした。

同政策課は同室の示した要件に沿い、前述した流れに沿って2千人を抽出した。

単純計算だが、新庁舎に関するアンケート対象者に選ばれる確率を弾いてみた。

今年9月末時点での15歳以上の人口3万1482人(外国人含む)を、調査対象者2千人で割ると、”選定確立”は「15・7倍」となった。これまでの無作為抽出のアンケート調査に何度も選ばれている市民は、当たる確率が高いお方なのであろう。

いずれにせよ、アンケート調査の対象者に選ばれた市民の皆様、お手数ですが「まちづくりのため」と思い、今後も回答にご協力ください。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 12

酒気帯びで逮捕

運転して網走署に乗りつける

網走署は11月11日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、市内二ツ岩に住む無職の男(25)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午後4時過ぎ、酒気を帯びた状態で車を運転した疑い。男は容疑を認めている。

同署によると、男は車を運転して同署を訪れた際、酒のにおいがすることから飲酒検知したところ、呼気1リットル中0・3ミリグラムのアルコールを検出した。同署は、男が同署を訪れた理由などについて調べを進めている。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 11

女子野球チームが誕生

オホーツクスマイリーズ

オホーツクの”野球大好き女子”がもっと輝ける場所を―。中学生から社会人選手が所属する女子野球チーム「オホーツクスマイリーズ Okhotsk Smilies」が設立され、本格的な活動を始めた。来年は女子野球連盟への加盟、そして全国大会への出場をめざす。オホーツクにおいての女子野球の裾野をさらに広げるため、今月30日に網走市で体験会を開く。

オホーツクスマイリーズには、社会人と中・高校生の18人が所属。網走市をはじめ小清水町、遠軽町、湧別町など管内に住む選手が中心で、陸上でインターハイに出場したメンバーもいる。

管内では、小学生を対象にした女子野球チーム「オホーツクブルーエンジェルス」が2013(平成25)年に設立され、活動を続ている。また、16(28)年に中学生チーム「オホーツクシャイニングガールズ」が結成され、全国大会に出場するものの、チームの活動は縮小化していた。

こうした状況の中でも、オホーツクの野球大好き女子たちは活動の場を求め、男子チームで練習を重ねるなどしてきた。そして今年10月、「オホーツク女子選抜」チームとして、札幌市での開催れされた女子野球大会に参戦。この選抜チームが母体となって、「オホーツクスマイリーズ」が正式に発足した。

チーム関係者は「野球が大好きだけど活動の場所がなかった、進学ための続けられるか悩んでいる―などといった人達と一緒に活動していきたい」とし、「2020年度中には日本女子野球連盟への加盟をめざしたい」と力を込める。

~11月30日 網走で体験会~

女子野球愛好者の底辺拡大などをめざした体験会を、今月30日正午~午後5時に網走市内のオホーツクドームで開く。初心者も大歓迎で、事務局は「小学生以上なら誰でもOK。気軽に参加して下さい」と呼びかけている。

問い合わせは事務局(メール bycoo3304@yahoo.co.jp )へ。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 9

小学「国語」は全国超え

網走市教委、学テ成績を公表

網走市教委は、市内小学6年生と中学3年生を対象に実施した「全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)」の成績を公表した。小学生の回答率は「国語」で全国平均を上回り、「算数」は下回ったものの、その差はわずかマイナス0・2ポイントだった。学習の習慣調査では、小中学生ともに前回調査と比べ、学校以外での1日の勉強時間を「3時間以上」とした割合が増えた。

学テは今年4月、市内の小学6年生238人と中学生3年生256人を対象に実施。小学生は国語と算数、中学生は国語と算数、英語を調べた。

網走の中学生の回答率を見ると、すべての教科で全国平均を下回った。”全国との差”が最も近かったのは「国語」のマイナス2・4ポイント、最も大きかったのは「数学」のマイナス6・8ポイントだった。

同市教委は「全国との差は年々縮まり、近年は一部の教科において全国平均を上回る状況が見られるようにななりました」としつつも、「学力・学習状況ともに改善を要する課題がみられることから、網走の子どもたちの力をより一層発揮させられるよう、教育委員会、学校、家庭、地域が連携・協働した取り組みを進めたい」(資料より)としている。

学習習慣の調査で「学校の授業以外に、普段、1日当たりどれくらいの時間、勉強しますか」と尋ねたところ、「3時間以上」と答えた小学生は4・2%で前年比0・7ポイント増、中学生は5・5%の同2ポイント増えた。

また、「2時間以上3時間未満」の答えを加えると、小学生は16・8%で同比5・2ポイントの増。中学生は同比プラス7・5ポイントで、調査結果からは、学校以外での勉強時間を延ばす網走っ子の割合は増加傾向にあることが分かった。

今回の学テ結果は、市のHPで公開している。問い合わせは同市教委(0152・44・6111)へ。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 8

8期連続のマイナス

網信、最新の業況調査

消費増税、不安感多く

網走信用金庫は、管内企業191社を対象にした「2019年9月期」の業況調査結果を発表した。景気動向指数のDI値(※)は、全体で▲(※)5・2ポイント(P)で、8期連続してのマイナスとなった。消費増税に伴う売り上げへの影響については、「どちらともいえない」「わからない」を合わせると6割を超え、網信は「増税に対して不安に思っている企業が多いと考えられます」(資料より)としている。
※DI値は各質問項目別に「良い」と回答した割合と、「悪い」とする割合を差し引いた数値。(▲)はマイナスの意味

 調査は9月2~6日に実施。今年7~9月の実績と前年比、同10~12月の見通しなどについて、網信職員が聞き取り調査した。回答率は100%。

管内全体のDI値は、17年9月の2・1ポイント以降、マイナス値が続く。今年12月予想も▲12・7ポイントとなっており、オホーツク経済は国や道の景況とは異なり厳しい状況が続いている。

最新調査のDI値を地区別で見ると、マイナス値が最も高かったのは美幌地区の▲7・4ポイント。次いで網走地区の▲5・5.斜里地区5・1、北見地区の2・3ポイントとなっている。
経営上の問題点として最も多かったのが「売り上げまたは受注の停滞・減少」で全体の4割強を占めた。次いで「従業員の確保難」の3割強で、過去の調査結果を踏まえると、人手不足の深刻化さが増している状況だ。。

網信は取り引き先企業76社を対象にした特別調査も実施。今年10月からの消費税率10%への引き上げが、売り上げに対してどのような影響を与えるか選択方式で尋ねたところ、「(売り上げ増加、または悪化するか)どちらともえいえない」が4割で最も多く、次いで「わからない」が2割。一方で「影響ない・変わらない」は2割を占めた。

こうした傾向について網信は、消費増税に対して不安に思っている企業が多いとしつつ、「『影響はない』とする回答も多く、事前に準備している企業が一定数存在していると考えられる」などと分析している。

このほか、今春の賃金引上げについても調べ、「引き上げた理由」で最も多かったのは「従業員の処遇改善」が4割だった。一方、「引き上げていない理由」としては、「当面のところは様子を見ている」(28%)、「景気見通しが不透明」」(12%)、「自社の業績低迷」(8%)などとなっており、「増税の影響が賃金に影響していると考えられる」(網信)。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 6

森林づくりに協力

「そうけん」苗木を植樹

地域貢献活動の一環として、土木・設備・維持除雪工事業の株式会社そうけん(本社・網走市)は、網走市内の公園の環境保全と自然景観づくりに向けた苗木の植樹活動に協力した。

市内駒場地区にある「こまば木のひろば」の一角約3千平方㍍にシラカバやヤチダモなど5種類の苗木50本を植樹した。社員約30人が参加し、手際よく植えていった(写真)。

植樹したエリアには以前、海上保安庁所有の鉄柱が建っていた。鉄柱は今年、老朽化などを理由を撤去され、跡地はさら地状態に。土地の所有者である市は新たな森林づくりをめざした植樹を計画し、そうけんに協力を求めた。

鉄柱跡地の植樹活動には、北見地区トラック協会も参加。約150本の苗木を植えた。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 5

ろうあ者の活動支援

宅建北見支部が寄付


↑善意を渡す近江会長(左)

今後の活動に役立てもらうため、北海道宅地建物取引業協会北見支部(近江強支部長)は、「網走ろうあ者と共に手つなぐ育成会」に5万円を寄付した。

「市民ふれあい不動産フェア」事業の一環で、善意を受け取った同会の高田周二会長は「活動資金づくりが大変な中、とても感謝しています」と善意に感謝していた。
同北見支部は毎年、北見市や周辺の福祉団体を支援するための寄付活動を行っている。網走市の団体は初めてで、関係者から要望を受けたことがきっかけだ。

同語る会は、市内手話グループなど3団体で構成される。今回の善意は、年1回開催されるろうあ者との交流事業の運営資金に役立てるという。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 4

生活支援体制、なかなか進まず
”手つかず”地区も 網走社協「地域の意識付け難しい」

2015(平成27)年4月の介護保険制度の改正に伴い、全国の各市町村でスタートした生活支援体制整備事業。網走市は2017(平成29)年度、網走市社会福祉協議会に委託してスタートさせたものの、国が示すような地域づくりの準備はなかなか進んでいない。その”ペース遅れ”は網走市議会でも指摘された。同事業は人口減少期に入った網走市において欠かせない取り組みだが、「地域住民の意識づけがなかなか難しい」(網走社協)という。 (大・記者)

↑生活支援コーディネーターの協力で実施しれたハンドマッサージボランティア(今年1月)

■目的と試み 生活支援体制整備事業は、地域住民相互の助け合い活動を推進することで、地域全体で高齢者の生活を支える体制づくりにつなげる狙い。国は「地域という小さな単位による”支え合い意識”を向上させ、そこに暮らす高齢者の生活支援・介護予防につなげる」―という構想を描き、各自治体で進めるよう促している。

■コーディネーター 地域住民による助け合い活動の”きっかけ”を創出するために、市町村は「生活支援コーディネーター」を配置する。また、地域ごとに同事業を進める上での中核組織となる「協議会」を設置し、協議会は同コーディネーターと一緒に住民相互の助け合い活動に関わる人材発掘・育成などに力を入れる。

■15地区 網走市から網走社協への委託料は年間約約600万円。この委託料は主に、生活支援コーディネーターを務める同社協職員の人件費だ。
市は、市内15地域に協議会を設置する方針を示し、同社協職員のコーディネーターを中心に準備をスタート。事業開始から丸2年が経過し、市の資料によると、今年9月末現在で協議会が設置されているのは西地区(新町・大曲)と向陽ケ丘地区のみとなっている。
協議会設置に向けての話し合いが進んでいるのは11地区ある一方で、ほかの4地区は”手つかず”の状況だ。

■指摘 今年9月の網走市議会決算委員会で、平賀貴幸議員は同事業の進ちょくがスローペースであることを指摘した。網走社協の事務局は取材に対し「当初は職員1の担当だったが、現在は4人1チームとなっている。地域住民の意識付けはなかなか難しいと思うが、市と方向性を擦り合わせ、一緒に進めていきたい」と答えてくれた。
―・―・―・―
人口減少、増え続ける社会保障費などを見据えると、同事業に対する国の方針は誤っていないと思う。ただ、理想と現実の差はあり、地域住民の相互力を高めるのは容易ではない。現場は苦労しているはずだ。
網走市の人口は減り続け、お年寄りは増え続ける。住み慣れた地域で元気で長生きするためには、町内会などによる住民相互の助け合い活動が不可欠だ。行政には限界がある。
こうした時代を迎えた網走において、もし福祉の専門家が「容易ではない」ことを理由に”地域訪問”をためらっているとしたら…。地域福祉を勉強してきた専門家の力が求められている。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 2

オホーツク総合振興局の職員が酒気帯びで運転

オホーツク総合振興局は11月1日、産業振興部水産課の職員が同日未明に酒気帯び運転をしたと発表した。

同振興局の発表資料によると、職員は同1日午前1時過ぎに車を運転して帰宅中、網走署に検挙された。職員は10月31日午後から休暇を取って帰宅後の午後8時ころ、車で飲みに出かけ2店ほどで飲酒した。同1日午前零時半ころ、代行サービスに連絡したが混んでいたため、車を運転したという。

~藤田二(すすむ)同振興局長のコメントは次の通り~

「飲酒運転の根絶に関する条例を制定し、関係機関や道民の皆様とともに飲酒運転根絶に取り組んでいる中、道民の先頭に立って取り組むべき振興局の職員が飲酒運転で警察署に検挙されたことは、誠に遺憾であり、深くお詫び申し上げます」

「道におきましては、これまでの職員に対し、再三に渡って飲酒運転根絶に関する模範意識の徹底や注意喚起を行ってきたところでございますが、今回、このような事案が発生し、道民の皆様の信頼を損ねる事態を招いたことを重ねてお詫び申し上げます」

「今後、このようなことが二度とないよう、改めて管理職員から部下職員一人ひとりへの個別指導などを行うなど、綱紀の厳正な保持にこれまで以上に取り組んでまいります」

―・―・―

同振興局では昨年12月にも、職員が酒酔い運転で単独事故を起こして逮捕されている。


From 網走ニュース 2

酒気帯びで逮捕

自称会社員の男

網走署は11月1日夜、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで、東京都在住で、自称会社員の男(41)を現行犯逮捕した。
逮捕容疑は同日午後11時半ころ、網走市南8条東3丁目付近の道路を酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑い。

同署によると、男はビールなどを飲酒後に運転し、検問中の署員に止められた。飲酒検知したところ、呼気1リットル中0・4ミリグラムのアルコールを検出した。

男は出張で網走を訪れていたらしく、運転していた車は社用車だった。

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 1

市文化賞に遠藤隆也さん

調停員、姉妹都市協会長などを歴任

↑市文化賞を受けた遠藤さん(網走市提供)

2019(令和元)年度の網走市文化賞(教育部門)に、消防団長や網走・ポートアルバーニ姉妹都市交流協会長、北方文化振興協会などを歴任された遠藤隆也さん(83)が選ばれた。11月3日に網走セントラルホテルで表彰式が行われ、ブロンズ像などが贈られる。

同姉妹都市交流協会長を14年間に務めた遠藤さんは、網走の子どもたちをカナダのポ市に派遣するなど教育交流を積極的に推進した。北方文化振興協会の理事長時代は、市内にある道立北方民族博物館と道立オホーツク公園の管理運営を通じて、民族文化の伝承保存など社会教育の推進にも尽力した。


From 網走ニュース 1

南コミセン「秋の文化祭」

茶道・華道、工作などを体験

網走市の南コミセンを会場にしたイベント「子どもたちの、秋の文化祭」が11月3日(日)午前10時~午後3時、開かれる。参加無料。

地域住民らで組織される実行委員会の主催で、昨年に続き2回目。「体験メニューを中心にした学びの場」がテーマで、当日はボランティア市民が各ブースを担当し、訪れた子どもたちに体験メニューを提供する。同実行委は「友達や家族、1人でも参加OK。上靴と作ったものを入れるバッグを忘れないで」と呼びかけている。主な内容は次の通りで、問い合わせは南コミセン(0152・44・2026)へ。

▼竹でつくるガリガリヘリコプター
▼茶道・華道体験
▼和紙の絵はがき
▼不思議な板返し「ペタペタ」
▼竹とんぼ
▼皿まわし

【ニュース】11月TOP


From 網走ニュース 1

2千人の消防団員が網走に

全道消防大会が開幕

第71回北海道消防大会が11月1日、網走市総合体育館で開幕した。道内から約2千人の消防団員らが来網し、式典などに臨む。また、屋外の同体育館駐車場では消防関連のグッズ展示、地元物産展が開かれている(入場無料。8~13時まで)。

【ニュース】11月TOP

Abashiri news From denshobato