2019年10月ニュース

【網走ニュース】TOPTwitter


From 網走ニュース 31

いざ全国へ

空手道「北心会」の2人

第12回オープントーナメント北海道空手道選手権大会「組手 中学生女子の部」で、網走市の空手道 北心会の門田さんが優勝、「組手 小学3年生男子」で赤坂くんが3位となり、全国切符を手にした。大舞台に向け、門田さんは「優勝をめざしたい」、赤坂くんは「初戦突破が目標」と張り切っている。

同大会は国際空手道連盟 極真会館と世界総極真 高橋道場の主催で、9月29日に帯広市で開催。門田さんの出場した「中学女子の部」では、7人が実力を競った。

試合時間は1分30秒。「正拳突き」「前蹴り」「脇蹴り」が主な決まり手で、主審を含めた5人のジャッジによるポイントで勝敗が決まるほか、延長戦もある。

門田さんは身長170㌢の恵まれた体格。得意技は下段廻し蹴りで、今大会も順調に決勝へと駒を進めた。

決勝戦の相手について、門田さんは「技がとても速い選手で、手数を多く出さないと負けるパターンになる」と警戒。試合中盤、得意の下段廻し蹴りを決めると、嫌がる相手を逃がさずに攻め続けた結果、勝利をものにした。

空手は5歳から続ける。これまでに5回の全国大会を経験するが「いつも緊張します」。6回目の大舞台では「いい結果をひとつ、ひとつ残し、優勝をめざしたいです」
一方、赤坂くんは2年連続となる全国行きを決めた。
「小学3年の部」には17人が出場。赤坂くんは2回戦で、昨年の同大会決勝戦で敗れた因縁の相手と対戦。見事リベンジを果たし、3回戦に進んだ。決勝まで行けなかったものの、全国への出場権を得た。
中段突き、下段蹴り、横蹴りを得意とする。「全国大会ではまず初戦を勝ちたい。練習でミット打ちや組手などをやり続け、体力をもっとつけたいです」

全国大会は来年1月12日、愛媛県豊田市で開かれる。


From 網走ニュース 31

5期連続のマイナス水準

網商の”最新”景気動向調査

”網走経済”は厳しい状況が続いているようだ。先日、公表された網走商工会議所が実施する四半期ごとの最新調査結果によると、景気動向を示すDI値(※)は、五期連続してマイナス水準だった。1年以上にわたり、網走経済は低迷している。経営上の問題として「人材不足」とする回答が多く、解決の糸口すら見えにくい状況だ。
※DI値=「好転」と回答した割合から、「悪化」と回答した割合を差し引いた値。「▲」はマイナスの意味

調査は、2019(令和1)年第1四半期(4~6月)の「景気動向」について、市内156社を対象に実施。115社からの回答を得た(回答率71%)。

前年同月と比べ、「好転」とした企業が占める割合は15・7%、一方「悪化」は32・2%だった。「好転」から「悪化」を差し引いたDI値は▲16・5で、同期比0・2改善したものの、マイナス水準は5期連続となった。

業種別で見ると、マイナス幅が最も大きかったのは「卸売業」の▲27・6、次いで「建設業」▲20・8、「サービス業」▲18・5などとなっている。

同期と比べ改善幅が最も大きかったのは「製造業」で21・8上回った。しかし、今期(4~6月)のDI値は▲5・6で、プラスに転じることはできなかった。

こうした状況について網商は「製造業、サービス業の改善は(全体の)DI値を引き上げた格好で改善数値は小幅にとどまったものの依然マイナス水準となっている」とする。

次期(7~9月)のDI値予想は▲9・6。今期と比べ6・9改善する予測だが、業種別だと「小売業」▲34・5、「卸売業」▲13・4、「製造業」▲11・8などとなっており、今期より悪化するとしている。

経営上の問題点は、すべての業種で「人材不足」が上位を占めており、「相変わらず人材不足で困っています」(建設業)。

働き方改革についての意見もあり、サービス業からは「有休取得及び年間公休数増加にて生産性の低下」との声が寄せられた。
網商は「次期業況もさらに改善を予想するなど回復傾向を示していますが、まだ予断を許さない状況にあるともいえ、全業種とも経営改善に向けた対応が強く求められています」としている。


From 網走ニュース 27

益金5万円を寄付

「矯正展」飲食部門の店主ら善意

網走刑務所の恒例行事「矯正展」での飲食ブースを担う市内飲食店の店主らが、同イベントでの益金5万円を更生保護法人「網走慈恵院」に寄付した。同法人からは感謝状が贈られた。

網走刑務所矯正展飲食部門は、今年の矯正展(10月20日開催)の特設会場で軽食ブースを出店。受刑者の更生活動に何からの形で貢献するため、益金の一部を寄付することにした。

同部門の代表者らあら善意を受け取った同法人の土屋善治郎理事長は(写真)、今後の更生事業に活用させてもらうことを約束した。

網走市内には、刑務所を出所した人などを対象にした更生保護施設がある。同法人は施設入所者をはじめ、出所者らの生活相談に応じるなどの支援を続けている。


From 網走ニュース 27

網走吹奏楽団が出演

11月2日のロビコン

網走吹奏楽団が、11月2日(土)午前11時半から市内エコーセンター2000で開かれるロビーコンサートに出演する。

出演時間は30分ほど。サックスアンサンブルやオーボエデュオ、ホルンデュオ、トロンボーンアンサンブル、クラリネットアンサンブルで、「アナと雪の女王『Let It Go』」や「魔女の宅急便『海の見える街』」などを披露する。入場無料。
網走吹奏楽は1975(昭和51)年に結成。定期演奏会や地域イベントなどで演奏を披露している。

問い合わせは同センター(0152・43・3705)へ。


From 網走ニュース 27

9月の観光状況

網走市が発表した「9月の観光状況」は次の通り。


From 網走ニュース 27

シャチの骨格組み立てよう

「シャチの骨格を組み立てよう!」と題した体験講座が11月3日午前10時~正午、網走市立郷土博物館で開かれる。アザラシの骨格も組み立て、モヨロ文化を体験しながら学ぶ。定員20人。参加無料。 申し込みは前日までに同博物館(0152・43・3090)へ。


From 網走ニュース 27

レンタルDVD盗む

会社員の男を逮捕

店内に陳列しているレンタルDVDを盗んだとして、網走署は10月27日、窃盗容疑で市内つくしケ丘地区に住む会社員の男(60)を現行犯逮捕した。

同署の発表によると、男は同日午後2時10分ころ、市内のゲオ網走店内に陳列しているレンタルDVD3枚(3千円相当)を盗んだ疑い。同店の駐車場で張り込んでいた同署員に逮捕された。

男は以前から同店内で不審な行動をしており、同店は網走署に相談していた。網走署は余罪を含めて調べを進めている。

【ニュース】10月TOP


From 網走ニュース 24

連載「網走市議の政務活動費」完

出張報告書、その中身は?

網走市のHPで公開される、網走市議会の政務活動費収支報告書。この連載の前回記事でもふれたが、2018(平成30)年度に支給された活動費の大半は「調査研究」や「研修費」に充てられている。調査研究、研修には出張が伴うことが多々あり、市のHPでは、その出張に関しての各議員による報告書も閲覧できる。報告書からは、網走市議会議員のまちづくりに寄せる想いを感じ取れる。 (大・記者)

■おさらい 前回記事で紹介した「政務活動費」について改めて説明する。政務活動費は、会派に対して支給される。支給額は議員1人に対して年額24万円。議員1人に「24万円」と覚えた上で、今回の記事を読んでくれると幸いだ。※網走市議会の定数は16人

■報告書 網走市議会には、政務活動費で出張した際、出張案件に関する報告書を提出するルールがある。このルールは情報公開の観点から、2017(平成29)年度に導入された。

■ページ数 市のHPで公開される、18(平成30)年度の出張報告書を読んでみた。
すべての報告書の1ページのサイズはA4サイズに統一されている。記者はまず、報告書の中身より”ページ数”に着目した。
ページ数が多い傾向にある会派は「志誠会」と「公明クラブ」だった。(※無会派の松浦議員については、政務調査費を利用した出張はないため、報告書は提出していない)

ほかの会派においては、公開される報告書すべてが1ページ内にまとめられていた。このうち、文字フォントの大きさによって異なるが、10行にも満たない報告書がいくつかあった。

~会派の特徴 如実に~

■読み解く 報告書のほかにも添付資料があるケースもあるため一概には言えないが、10行に満たない報告書からはいま一つ、出張から何を学び、その学んだことを網走市政にどう生かそうとしているのか、記者の読解力だけで理解するのは難しかった。
出張報告書は、ネット環境が整い、パソコンやスマホをお持ちである市民ならば簡単に閲覧できる。ぜひ、ご一読をお勧めしたい。納税者が納めた税金から支払われている「政務活動費」をチェックする”市民の目”が厳しくなることが、網走市議会のさらなるレベルアップにつながるはずだ。

【ニュース】10月TOP


From 網走ニュース 23

連載「網走市議の政務活動費」その1

議員1人に24万円支給

網走市議会は、2018(平成30)年度の政務調査費の収支報告書などを公表した。政務活動費は議員の調査研究費や研修費などに充てることができ、公表された資料からは、大まかではあるものの各議員が政務調査費を何に、どのように利用したのかを”追跡”することができる。調べてみた。   (大・記者)

(↑第18期議員アルバムより)

■1人24万円 まずは「政務活動費」について。
政務活動費は網走市の条例で定められ、会派に対して支給される(※会派に所属しない議員については『無会派』という位置づけで支給)。支給額は議員1人に対して年額24万円で、例えば5人の議員が所属するA会派には、24万円×5人=120万円が支給されることになる。

■「報酬」と「給料」 網走市議には、議員報酬として月38万円が支給される(議長、副議長の額は異なる)。政務活動費は、報酬とは別途に支給される。

読者にはこうした点を理解した上で、この連載記事を読んでもらえると幸いだ。

■認められる経費 条例では、政務活動費として充てられる経費の範囲も定められている。次の通りだ。
〇調査研究
〇研修、広聴、広聴、要請、陳情、各種会議への参加等に要する

■公表された収支 先日、市のHPで公表された18年度の政務活動費を見てみる。
18年度の最大会派「結政の会」には議員6人が所属(※このうち1人は辞職)し、年度当初に144万円が支給された。(※1人の議員が辞職したため、18年度の総支給額は136万円)

第2会派の「志誠会」は4人の議員が所属していたため96万円が支給。無会派の2人には、それぞれに24万円づつ―となっている。

■収支報告書 各会派の収支報告書を見てみると、3会派と無会派の1人が「残金ゼロ」または「マイナス」となっている。ほかの1会派と無会派の1人は支給された政務活動費を使い切らず、余った活動費を返金した。

■支出科目 会派「結政の会」は、総支給額の7割を研修費、4割強を「調査研究費」に充てた。結果的に約15万円の収支不足で、不足分は各議員の報酬、または自腹で支払った。

「志誠会」は6割強を「調査研究費」、残りは「研修費」となっている(※政務活動費だけでは補えなかった研修費1万9747円は議員報酬、または自腹で支払い)

「公明クラブ」(所属議員2人)は、すべて「研修費」に充てた。会派「オホーツク」(所属議員2人)は、4割強を「調査研究費」、ほかは「資料購入費」(2紙の新聞購入代の約6万円)で、残金22万円余りは返金。無会派の1人はすべて「調査研究費」に、ほかの1人は4割弱を「研修費」に充て、残りは返金した。
―・―・―・―
公表される資料は収支報告書だけではない。政務活動費を活用した調査研究の内容、参加した研修会などの報告書も閲覧できる。次回は、この「報告書」についてレポートしたい。

【ニュース】10月TOP


From 網走ニュース 18

連載「水谷市長の給料」~静かなる変更~完

市長自身からの回答

自身の給料月額を「76万円」から「95万円」に変更した、網走市の水谷洋一市長。本紙は水谷市長に質問書を送り、①「95万円」に戻した理由②なぜ、もっと早い段階で市民に周知しなかったのか―について答えてもらった。

■期間が終わったから 質問①についての回答を原文のまま紹介する。

「市長給料は、特別職給与の特例条例を制定し、期間を定めて減額を実施してきましたが、平成30年11月までとした期限が終了したことから、本来条例で規定されている支給となったものです」

「4次にわたる財政改革の取り組みを行い、これまで実施してきた一般職員の給料の減額措置(表参照)を平成28年3月に終了し、この間の取り組みが一定の成果を得たものと考えております」

~「減額措置期間が終了したから」~

■解説1 水谷市長の回答内容ポイントは次の通りだ。

A 給料を元に戻した理由は「特別職(市長、副市長、教育長)の減額措置期間が終了したから」

B 「一般職員給料の減額措置期間が終了したから」

C 「第1~4次にわたる行革が一定の成果を上げたから」

■ポイントの総括  A はシンプルな考えだ。

B については、第3次行革推進計画から実施した、市独自の減額措置期間が終わったから―というシンプルな考え。ただ、一般職員の給料は基本的に人事院勧告の考えに基づき「引き上げ」「下げ」「据え置き」されることが大きく、市長の給料を元に戻す理由としての根拠は乏しい。

ちなみに、今年4月1日現在の市職員の平均給料は29万9900円で、前年と比べ500円の増額だった。※両年とも行革推進計画による減額措置期間は終了している

C  についてもシンプルな答えだ。「一定成果」とは何を示すのか、もう少し具体的な数字などを示してほしかったところだが、これ以上の回答はなかった

■期間が終了しただけ 質問②についての回答は次の通り(原文)。

「市長給料の減額措置は、ご承知のとおり、あらかじめ期間を定めて条例制定しものであり、その期限が終了したことから、本来の条例に定める支給となったものです」

「市長を含む特別職の給料については、毎年、「広報あばしり」10月号に掲載し、市民の皆様に周知を図り、あ明らかにしているところです」

■解説2 回答を要約すると「あらかじめ決まったいた給料の減額期間が終わったということと、毎年の『広報あばしり』10月号で市民に給料月額は周知しているから、早急に市民に知らせることはない」ということが。シンプルな考えだ。

―・―・―・―

水谷市長の回答内容は、記者の取材に応じてくれた市幹部職員らの言葉とほぼ同じだ。異なるのは「(市の財政の)危機的状況は脱した」という言葉がなかった点だ。

想定してはいたが、水谷市長自身のお考えをもう少し聞いてみたかった。「95万円に戻した理由は、現在の国内外の社会情勢、まちの経済状況、今後の財政状況、市民に背負わす負担―など様々な観点を基に、悩み、悩んだ末に決定しました」―。こんな回答に期待していたし、水谷市長とは直接、議論できなかたのが残念だ。


From 網走ニュース 18

2千人にアンケート

新庁舎建設に向け、質問7項目

網走市は2千人の市民を対象に、市役所の新庁舎建設に関するアンケート調査を実施する。調査用紙はすでに配布し、新庁舎に望む機能などについて尋ねている。調査結果は、来夏までにはまとめる予定の新庁舎建設基本構想に反映する。

アンケートは「現庁舎の問題などを把握し、新庁舎の基本理念や基本方針、施設に持たせる新たな機能などを盛り込む『建設基本構想』に反映させる」(市庁舎整備推進室)狙い。同構想については現在、水谷洋一市長の諮問機関「新庁舎建設基本構想策定委員会」で議論を進めている。

調査対象は、無作為に抽出した15歳以上の市民2千人。質問は大きく7項目あり、主に選択方式で答えてもらう。

例えば、現庁舎についての質問では、「庁舎を訪れる理由」「「施設面や環境面で不便・不満を感じること」などを尋ねている。

同策定委員会は先日の会合で、新庁舎の建設候補地を商店街アプト・フォーにある旧金市舘ビル跡地と周辺に絞り込んだ。アンケートでは候補地に建設するという前提で、施設を整備する上での基本方針として大切にすべきことについて質問している。

この質問に用意される回答は「あらゆる人が利用しやすい窓口や交流・相談窓口を設ける」「地域の核となり、周辺の市街地形成や都市整備と一体となったまちづくりに寄与する」「将来の人口減少も踏まえ、経済性に優れたコンパクトな庁舎」など8項目がある。※選択回答のほか、自由記述できる「その他」がある。

新庁舎に求める付加機能については、「イベントなどが開催できる広場スペース」「売店・コンビニスペース」「屋上スペース」などの回答を設けている。

アンケートの最終ページほぼ全面は自由記入欄とした。「新庁舎の整備に関して、その他自由な意見をお聞かせください」と呼びかけている。

問い合わせは同推進室(0152・44・6111)へ。

―・―・―・―・―

新庁舎建設に関する市民アンケートは、水谷市長が建設広報地を旧金市舘ビルと周辺に絞り込んでから初めての試みだ。多数の市民の意見を聞こうとする水谷市長の姿勢は評価される一方で、どれだけの市民が答えてくれるかが気になるところだ。

アンケート結果は同基本構想に反映するという。また、この結果を網走市議会議員はどのように活用するのか注目される。

【ニュース】10TOP


From 網走ニュース 17

網走刑務所の「矯正展」

作業製品、農作物を販売

網走刑務所の「網走矯正展」が20日(日)午前9~午後3時、同刑務所敷地の特設会場で開かれる。全国の刑務所による作業製品(家具など)や農作物の展示・販売をはじめ、関係団体によるバザー、飲食ブースなどがある。陸上自衛隊美幌駐屯地の協力による、自衛隊車両の展示もある。入場無料。詳しくは次の通りで、問い合わせは同刑務所・作業部門(0152・43・2258)へ。

【主な内容】▽施設見学会▽受刑者作品展示▽刑務所作業・職業訓練などのパネル展▽広報ビデオ上映▽網走更生保護女性会によるバザー▽刑務所作業製品(家具、農作物など)の展示・販売▽網走市内の飲食店による飲食ブース▽自衛隊車両の展示▽各種アトラクション▽お楽しみ抽選会▽ちびっこ刑務官の制服着用記念撮影


From 網走ニュース 17

南小合唱団が出演

19日のロビコン

網走市立南小学校の合唱団が、19日(土)午前11時半から市内エコーセンター2000で開かれるロビーコンサートに出演する。出演時間は30分ほど。「南風にのって」「学校坂道」「わたしはこねこ」など8曲ほどを披露する。入場無料。問い合わせは同センター(0152・43・3705)へ。

【ニュース】10TOP


From 網走ニュース 16

連載「水谷市長の給料」~静かなる変更~④

議会説明の義務なく 

昨年12月から、自身の給料月額を76万円から95万円に変更した、網走市の水谷洋一市長。条例で定められる月額に戻したわけだが、市議会や報酬審議会には諮らずに決断した。また、市役所のオーナである納税者に対しては、「広報あばしり」10月号のみでの報告だ。水谷市長はなぜ、市議会などに諮らず、納税者への報告が遅れたのだろうか? 北見市の事例などを基に考えてみる。      (大・記者)

(↑今年9月の市議会定例会で市政報告する水谷市長

■議論 市長の給料を「95万円」に戻す際、今回のケースは条例を改正するわけではないので、市議会に諮らなくてもいい。つまり、ルール上は市議会や市議に報告する義務はない。

ただ、管内の首長経験者は「議会定例会で首長が述べる市政報告の中で給料額の変更のついて触れることができ、市民の代表である市議に対して報告することは可能」とする。

■報酬審議会 地方自治体の特別職を含む職員や議員報酬を「上げる」「下げる」「据え置く」ことについては、基本的に報酬審議会の判断が重視される。ただ、網走市の場合、報酬審議会は常設されておらず、水谷市長の今回の判断に影響したかもしれない。

■北見市のケース オホーツクの中核都市・北見市の特別職報酬等審議会。常設ではないが、「必要とされるときに開催される」(同市職員課)。近年の開催数は、2016(平成28)年度4回、18年度3回となっている。

現職の辻直孝市長(15年9月に初当選、2期目)の給料月額は97万円で、条例で定められた金額だ。ただ、16年12月5日までは30%減額の67万9千円だった(減額の背景には財政健全化を視野に入れた元市長たちの判断がある)。つまり、辻市長は1期目就任後に、条例で定めた給料額に戻したわけだ。

~北見市”10年ぶり”の審議経て「据え置き」~

北見市のHPで公開される、17年3月14日付けの、北見市特別職報酬等審議会から辻市長への答申書。市長や副市長の給料額などについての答申書で、「審議の結果、現在の報酬等を『引き上げ』、または『引き下げ』とする積極的な要因はないものと判断し、『据え置き』として答申する」と結論付けている。

この答申書には、同審議会メンバーの意見も記されている。意見の一つを紹介する。

合併を経たものの、市長給料や議員報酬額は旧北見市時代に定められてから20年経過し、報酬等審議会も平成18年から約10年間開催されていないことを踏まえ、「審議会を定期開催し~中略~その時々の社会情勢を勘案しながら(市長給料、市議報酬額などを)決定することが適当である」

―・―・―・―

記者はこの意見を読んだとき、網走市の課題を突き付けられているように感じた。

網走市長が自身の給料を変えたいときは、議会に諮る案件の有無は別として、可能な限り多くの人との議論を経て決定すべきではないだろうか。また、変更を決定したのであれば、市役所のオーナーである納税者にできるだけ早く、より周知効果の高い方法で伝えるべきではないだろうか?


From 網走ニュース 16

冷えてきた網走

午前7時で「2・1℃」

網走市に“冬の足音”が聞こえてきました。今朝午前7時の気温は「2・1℃」で、今季最低でした(網走地方気象台発表)。平年値との差は-4・5℃、11月上旬並みの気温でした。

平地で霜が降りたという情報は寄せられていませんが、「駐車していた車の窓ガラスに薄い氷が張った」という市民がいました(写真)。

今朝、管内で最も気温が低かったのは、遠軽町生田原で-3・2℃。次いで佐呂間町佐呂間の-3℃、北見市留辺蕊の-2・4℃などとなっています。

【ニュース】10TOP


From 網走ニュース 12

東京農業大学網走の第31回オホーツク収穫祭が12日、開幕した。「進耕」をテーマに、14日までの3日間にわたり開催される。北海道に接近する台風19号の影響が心配だが、初日は開幕と同時に多くの市民らが訪れ、賑わっていた。

【ニュース】10TOP


From 網走ニュース 12

コンビニでタバコ盗み逮捕

網走署は10月11日、市内コンビニで煙草を万引きしたとして、窃盗容疑で網走市錦町に住むアルバイト従業員の男(25)を逮捕した。

逮捕容疑は、同8日午後3時ころ、セブンイレブン網走北6条店(北6西6)で煙草3箱(1560円相当)を盗んだ疑い。同店のオーナーが同署に通報し、任意同行を求められた容疑者の男が取り調べに対して容疑を認めた。

【ニュース】10TOP


From 網走ニュース 11

連載「水谷市長の給料」~静かなる変更~③

「変更」理由について考察

網走市の水谷洋一市長は、自身の給料月額を76万円から95万円に変更した。変更した主な理由は「財政の危機的状況は脱したと判断した」(水谷市長に近い関係者)からという。「危機的状況を脱した」という根拠について調べてみた。   (大‘・記者)

(庁舎建設に50億円ほどが必要になる)

■廃棄物処理施設 市幹部職員の一人は、”危機的状況を脱した”とする根拠の一つとして、「廃棄物処理施設完成したことではないか」とする。

市内の明治地区に建設された廃棄物処理施設は2018(平成30年)4月に本格稼働。総事業費は45億6200万円で、このうちの約31億円は借金(市債)で、15年間かけて返済する。

廃棄物処理施設の建設議論は、前市長が本格化させ、埋立てごみの処理方法、建設地の土地の選定などについて準備を進めてきた。

新たな廃棄物処理施設は完成したものの、借金は残っている。

■庁舎建設 廃棄物処理施設に続き、市役所の新庁舎建設が控える。「50年に一度」とも言われる大型事業で、水谷市長は今年に入ってから建設候補地を絞り込むなど、準備を本格化させた。

市主催の住民説明会用の資料では、道内の事例を参考にした上で新庁舎の建設費を「50億円」程度と想定している。

庁舎建設費の財源の一つに、国の交付金がある。市によると、条件が整えば総事業費の2割ほどを充てられそうだが、大半は市の一般財源と市債(借金)から捻出することになりそうだ。

■行革プラン 水谷市長の指示により策定された、第4次行政改革推進計画では、計画期間中(2016~2020年度)の収支不足を約26億円と試算している。単純計算だが、毎年5億円程度の収支不足が発生することになる。財政の健全化に力を入れた前市長の大場脩氏は本紙のインタビューで「実際だとすれば、危機的な状況だ」と指摘する。

4次行革推進計画では、26億円の収支不足対応策の一つに、「総人件費の抑制」を掲げる。17~20年度までの4年間で計2億円を抑制するプランで、年度ごとの抑制額を見てみると、17年度は4400万円、18年度4900万円、19、20年度はそれぞれ5400万円となっている。

―・―・―・―・―

新庁舎の建設費は決まっていないが、廃棄物処理施設より高額になる可能性は高い。国の交付メニューの申請期間は20年度中となっており、申請が間に合わなかった場合、市民の負担はさらに増すことになる。「危機は脱した」とする根拠は薄いのではないだろうか。

次に第4次行革推進計画を軸に考察する。水谷市長が自身の給料月額を95万円に変更した、19年度の人件費抑制目標額は「5400万円」となっている。この抑制目標額には当然、市長の人件費も含まれているはずだ。もし、抑制目標額を算出する際、市長給料月額を変更前の「76万円」としていたとしたら、水谷市長自らが財政健全化に向けたプランを狂わすことになるのではないだろうか?

※補足データ=市の借金となる市債残高は2019年度末で325億円と見込む。前年同期と比べ6億円減少する。市債残高のピークは平成14度末の534億円。

【ニュース】10TOP


From 網走ニュース 9

連載「水谷市長の給料」~静かなる変更~②

前市長 大場氏にインタビュー

網走市の水谷洋一市長が自身の給料月額を76万円から95万円に変えていたことが、市の広報誌「広報あばしり」10月号を通じて市民に初めて明かされた。本来の網走市長の給料月額は「95万円」と定められており、これまでの減額措置は前市長時代から続いていた(1カ月だけ途切れる)。今回の記事は、前市長の大場脩氏へのインタビューを通じて、網走市長の給料が長年にわたり減額されていた理由などをお伝えする。 (大・記者)

※大場氏は1998(平成10)年12月から10(同22)年11月末までの3期12年にわたり網走市長を務めた

(↑給料の増額は「広報あばしり」10月号で市民に知らされた)

■減額の歴史 本紙の取材によると、網走市政において首長自身の提案により、市長の給料減額を初めて実現したのが、大場前市長だった。大場氏は市職員時代に職員課長や総務部長、助役などを歴任し、行政の仕組みも熟知していた。

市長給料の減額は99年(平成11)年7月から始まり、06(同18)年11月末まで「10%減額」。続いて、06年12月から10年(平成22)年11月末まで「20%減額」が続いた。

水谷市長が初当選した10年12月の1カ月分だけ「95万円」に戻ったものの、「財政状況が厳しいため」(市幹部職員)に11(同23)年1月から再び「20%減額」となり、昨年11月分の給料まで続いた。

~財政健全化のため「まずは自分の身を切る」~

■インタビュー 大場氏のインタビューは10月1日に行った。主な内容は次の通りだ。

―市長時代の大半が”減額期間”だった。なぜか?―

「市長としての私の最大の課題は『財政の健全化』でした。健全化策を進めれば、市民の皆さんに我慢してもらことがたくさん出てくるかもしれない、我慢してもらうためにはまず自分自身の身を切ることを考えなくてはいけないと思いました」

―減額割合は最初「10%」で、次は「20%」までに踏み込んだ。なぜか?―

「(財政を健全化するため)さらに厳しい行革が必要だと思った(能取漁港の特別会計問題などで)とても厳しい財政状況だと判断し、20%減額を市議会に提案しました」

―減額を判断した際、報酬審議会に諮ったのか―

「諮っていません。その理由は、報酬審議会で私を含めた3役(助役、収入役)の減額についての議論が始まれば当然、『議員報酬も減額だ』という流れになってしまうことが予想された。私はそこは避けたいと考えました」

―市は第4次行革推進計画で、計画期間中(H28~32年度)の5カ年で『26億円の収支不足』を見込んでいるが―

「実際にそうだとすれば、網走市の財政は危機的状況だと思います」

―・―・―・―

水谷市長が給料を上げた主な理由は「財政の危機的状況は脱したと判断したから」(市職員)だ。次回は、その「危機的状況」の根拠などについて検証、考察してみる


From 網走ニュース 9

窃盗で逮捕 弁当など盗む

網走署は10月8日、市内スーパーで弁当などを万引きしたとして、窃盗容疑で網走市新町に住む自称無職の男(44)を現行犯逮捕した。男は容疑を認めている。

逮捕容疑は、同日午後零時20分ころ、市内の大型スーパー「ベーシック橋北店」内で弁当など食料品9点(約2800円相当)を盗んだ疑い。同署によると、店内にいたほかの客が男の不審な動きに気づき、店長に知らせた。男は逮捕時、金を持っていなかった。

【ニュース】10TOP


From 網走ニュース 7

連載「水谷市長の給料」~静かなる変更~①

月額19万円アップ

広報誌10月号で市民に初めて報告

網走市の水谷洋一市長の給料が昨年12月1日から、月額76万円から95万円に変更された。記者は、網走市長の給料月額が変更されたことを、市の広報誌「広報あばしり」10月号で初めて知った。調べてみると、水谷市長は網走市議会や報酬審議会などに諮ってはいない。また、網走市役所のオーナーである納税者に対しての報告は、「広報あばしり」10月号のみとなっている。”水谷市長の給料”について調べてみた。=5回連載します=     (大・記者)

※この連載記事の論点

①なぜ、水谷市長は給料を戻したのか?

②なぜ、早い段階で市民に報告しないのか?

(↑給料を76万円から95万円に戻した水谷市長)

■10月号 網走市は毎年の「広報あばしり」10月号で、網走市職員の給与などについて特集記事を掲載する。本紙もほぼ毎年、情報公開の観点から広報誌を基にした記事を掲載し、市民に伝えている。

先日配布された今年の「広報あばしり」10月号。記者は特集記事の中に市長を含む特別職(副市長と教育長)などの給料月額(平成31年4月1日現在)を記した表を見て、水谷市長の給料月額が変わったことを知った。

■市長選 網走市長の給料月額は、市の条例によって「95万円」と定められている。つまり、水谷市長は、本来の「95万円」に戻したことになる。戻したタイミングは、昨年の市長選(11月11日投開票)だ。(この選挙で水谷市長は無投票当選し、同12月1日に3期目となる網走市長に就任した)。

条例で定められる網走市長の給料月額は「95万円」。しかし、前市長と水谷市長は、苦しいまちの財政状況を考慮し、自身の給料月額を2割減額(※前市長時代は「1割減額」の期間もあった)してきた。

■論点① なぜ、水谷市長は給料月額を元に戻したのだろうか?。水谷市長に近い人を取材すると、その主な理由が浮かび上がってきた。「財政の危機的状況を脱したと判断したから」(市職員)だそうだ。

―・―・―・―

次回は、網走市長の給料減額の歴史、減額せざるを得なかった理由について、前市長・大場脩氏のインタビューを交えて紹介する。

【ニュース】10TOP


From 網走ニュース 4

網走初の国体選手

及川くん(南高)、5位入賞と奮闘

競泳クラブ「NEXT網走スイムチーム」所属の及川選手(網走南高)を含む国体道代表チームが、茨城県で開催された国体水泳大会の少年B400メドレーリレー(MR)で5位入賞を果たした。及川選手はアンカーの4泳を務め、得意のクロールで入賞に貢献。ただ、自身の結果には不本意で「自分がもっと速く泳げれたら順位を上げられた」と悔しがる。

及川選手は、競泳選手としては網走で初めて国体道代表に選ばれた。国体水泳大会では、個人種目の少年B100㍍自由形のほか同400㍍自由形とメドレーリレー(いずれも4人編成)の計3種目に出場した。

400㍍MRは、予選8位までのチームが決勝に進める。北海道チームは予選5位で通過した。

及川選手にとって、道代表チーム内にもクロールを得意とする同世代のライバル選手がいる。400㍍MR決勝レース前、コーチからアンカーの4泳(クロール)に自分が指名されたときは「とても緊張しました」。

決勝レース、道代表チーム3泳選手までの順位は4位。及川選手は周囲の期待を背負ってゴールをめざし、5位入賞を果たした。

「自分がもっと速く泳げたら…」。網走に帰ってきてからも、悔む気持ちは消えないようだ。ただ、国体では100㍍の自己ベストタイムを0・5秒縮める53・52秒をたたき出し、全国レベルに引けを取らない実力を示した。

国体という大舞台、そして4泳という重責―。レース前の準備の大切さを痛感したらしく、「準備を怠ると焦りにつながり、結果的にはタイムが落ちてしまう」。すでに始まっている来季の闘いに向け、教訓を生かす。


From 網走ニュース 4

道新人大会で5人入賞

陸上部員のコメント

北海道中学新人陸上大会(9月21、22日、千歳市)で、網走市内の中学生5選手が入賞(8位以内)する活躍を見せました。入賞した選手のコメントを紹介します。

福田さん=棒高跳び2位=「自分の悪い部分が本番に出てしまった。中学生になり初めての大きな大会で自己ベストを残せてよかった。課題を改善し全国に行きたい」

長谷川さん=200㍍3位、400㍍リレー6位=「200㍍は0・02秒差で2位になれなかったのが悔しい。フォームを意識して走ったことで自己ベストを更新できた」

菊地さん=400㍍4位、同リレー6位=「400㍍決勝タイムより予選タイムが良かったことが悔しい。リレーでは自己ベストを出せず悔しかったけれど6位になれてよかった」

福地さん=同リレー6位=「ベストが出ず少し残念。フォームが少し崩れたことが反省点。来季は個人種目でも全道に行けるようにしたい」

今野さん=同リレー6位=「バトンを渡すタイミングが悪く、自己ベストも出せなかったことが心残り。練習したぶんタイムが伸びることが陸上の魅力。来年は個人種目で全道に行く


From 網走ニュース 4

報道機関名乗る不審電話

網走の80代女性に

報道機関などを名乗り個人情報を聞き出そうとする不審な電話が、網走市の80代女性宅に2回あった。網走署は「不用意に回答せず、不審だと感じたら電話をすぐに切り、警察に相談してほしい」と呼びかけている。

同署によると、不審電話は10月1日と同3日にあった。1回目は報道機関を名乗る男性が「不びんなことはありませんか」「子どもはいるんですか」と居住地を探るように話しかけ、2回目は特殊詐欺防止に関する団体を名乗る男性が「お宅の機密にかかる書類がある」「お宅に書類を直接持っていく」などと電話を入れていた。

【ニュース】10TOP


From 網走ニュース 3

商店街で気象イベント

体験ブースで防災意識を向上

商店街の道路や空き店舗スペースなどを活用した大規模な防災イベントが10月13日、網走市で開かれる。網走地方気象台が中心となって企画。網走消防署や網走開建などの関係機関と連携した試みで、当日は展示・体験ブースなどを用意して市民参加を促す。同気象台は「住民の防災意識の向上と地元商店街の活性化にもつながれば」と期待している。

「防災まちづくり商店街 in apt4」と銘打って開催。同気象台と網走中央商店街振興組合が主催し、網走市をはじめ市社協や網走開建、網走消防署、網走海保、網走警察署、オホーツク総合振興局など関係機関と連携する。同気象台は「網走市内にある防災関係機関の連携強化、そして地域住民の防災意識の向上、地元商店街の活性化が目的」とする。

会場は、南4条通りの商店街アプト・フォー(apt4)。午前11時から午後5時まで、南4条西1~東1区間を歩行者天国にし、区間内にある旧ラルズプラザ跡地なども会場となる。

会場には、はしご車など防災車両(一部は体験搭乗可能)や避難所モデルルームの展示、救急救命・高齢者疑似体験ブースなどが用意される。また、NHKの協力で、昨年9月に発生した北海道胆振東部地震の恐ろしさを特殊ゴーグルを装着して仮想体験できる「大災害VR体験」コーナーもある。

同気象台は近年、「生活の中に防災」をテーマにした各種取り組みを展開。市内育児サークルの防災教室などに職員を積極派遣させるなどし、日常生活における住民の防災意識の向上策に力を入れている。 イベントについての問い合わせは同気象台(0152・43・4349)へ。

【ニュース】10TOP


From 網走ニュース 2

道新人大会で6人入賞

南高陸上部員のコメント

北海道高校新人陸上大会(9月18~20日、函館市)で、網走南ケ丘高校の6選手が入賞(8位以内)する活躍を見せました。入賞した選手のコメントを紹介します。

◎坂元さん= 棒高跳び2位=「目標の3位入賞を果たせた。落ち着いて臨めたことがよかった。来季はインターハイ出場を決めたい」

◎根田さん=走高跳び8位=「自己ベストを2㌢更新する180㌢を跳び、全道初めての入賞。来季の全道では190㌢以上を跳びインターハイに出場したい」

◎木幡さん=砲丸投げ3位=「優勝を目標にしていたのでまったく満足いく結果ではなかった。試合の中でフォームを修正できなかったことなどが反省点」

◎伊藤さん=三段跳び3位=「大会4日前にけがが治りギリギリだったが、自分が目標としていた結果を残せた。来季の全道で14㍍を跳んで優勝し、インターハイ出場を決めたい」

◎石井さん=棒高跳び5位=「体のコンディションはすごくよかったけれど、調整ができていなかった。ポールの持ち手でが最初から低すぎた。ポールを変えるタイミングをもっと早くするべきだった」

◎臼井さん=三段跳び7位=「けがにより思ったような結果が出せず、悔しい大会となった。体調のピークを競技当日に合わせられなかったことが反省点」


From 網走ニュース 2

QRでハザードマップ

HP連動、チラシを作成

災害時の避難場所などを記したハザードマップの有効活用策として、網走市は地域別のハザードマップをスマートフォンなどで簡単にチェックできる、QRコードの一覧表を掲載したチラシを作成した。市庁舎などで配布しており、市総務防災課は「ハザードマップは市のHPでも公開している。自分が住んでいる周辺の危険場所や避難所までの経路を事前に確認し、災害に備えてほしい」と呼びかけている。

市はこれまでに「洪水・土砂災害」「津波」の2種類のハザードマップを作成している。2014(平成26)年2月に全戸配布した冊子「防災ガイドマップ」に掲載したほか、市HPでも公開している。

QRコードの”一覧チラシ”は、地域別のハザードマップを簡単に閲覧できるための市民サービスの一環。例えば、津波ハザードマップは「市街地」「二ツ岩」「能取」「藻琴・北浜地区」などの5種類用意し、携帯電話やスマホなどの読み取り機能を利用してアクセスすれば、市HPで公開するマップを閲覧できる仕組みだ。

市民は、QRコードの一覧チラシを何らかの手段で保管しておけば、万が一の際に役立つはずだ。仮に、全戸配布したガイドブックが手元になくても、携帯電話かスマホがあればチェックできる。

全国の自治体などで作成されるハザードマップは、想定した洪水や地震、津波などが発生した場合、各地域に設けている避難所や避難所までの経路をはじめ、津波による浸水区域、土砂災害警戒区域などが地図に記されている。大災害が発生するたび、関係者や被災者らはハザードマップの重要性を指摘されている。

―・―・―・―

昨年9月の北海道胆振地震に伴い、網走市も全戸停電という想定外の災害に見舞われた。気候変動などに伴い、今後も想定外の災害に見舞われる可能性は低いとは言えず、市民自身も万が一に備え、避難場所などが記されたハザードマップの”存在”だけでも記憶しておくことが求められている。


From 網走ニュース 2

「オホーツクの森」散策しよう

網走市卯原内ダムの奥に広がる森林「オホーツクの森」散策会が10月26日(土)午前9時~正午、開かれる。小学4年生以上が対象で定員15人(超えた場合は抽選)。散策場所まではバスで移動する。講師と一緒に散策しながら、森の役割や重要性などを学ぶ。参加無料。 申し込みは同11日までに、市耕地林務係(0152・44・6111)へ

【ニュース】10TOP


From 網走ニュース 1

障がい者の就職率アップ

A型事業所の開設影響

網走公共職業安定所(ハローワーク網走)によると、2018年度の同所管内においての障がい者の就職率は66.7%で、前年と比べ20ポイント上昇した。特に知的障がい者の上昇が目立ち、管内に就労継続支援A型事業所が新規に開設されたことなどが要因だ。一方、障がい者の法定雇用率を達成できなかった対象企業は全体の半数ほどだった。

ハローワーク網走の「業務概要」で示される18年度の障がい者の就職率を項目別で見ると、知的障がい者が95%と群を抜いて高かった。前年は52.9%で、割合が高まった要因として「管内に2社の就労継続支援A型事業所が開設されたことが考えられます」(担当職員)。

就労継続支援A型事業所は、障がいや難病のある人が雇用契約を結んだ上で、一定の支援を受けられる職場で働くことのできる福祉サービス。基本的には一般就労と変わらず、最低賃金も保障されていることが特徴だ。

同所管内において―A型事業所は17年度ゼロだったが、18年度に入り網走市と斜里町にそれぞれ1社ずつ誕生した。こうした環境の変化が、障がい者の就労を後押ししているようだ。

国は18年度から、対象労働者が45.5人以上いる企業の障がい者の法定雇用率を2.2%に改定(17年度までは対象労働者50人以上の企業で2%)。同所管内の対象企業は18年度で45社。このうちの20社が、法定雇用率を達成できなかった。

管内の自治体職員は「障がい者の雇用促進策について『やりたいことがたくさんあるけれど、できないことがたくさんある』のが実情」と話す。現時点では、企業側の理解を得るための地道なPR活動を継続することが重要なようだ。

―・―・―・―

人口減少期に入った市町村にとって、働く人の確保は重要課題の一つだ。網走市内の老舗ホテルは障がい者の雇用に積極的で、一定の成果を上げている。障がい者は大切で大事な人的資源であると理解する企業がさらに増えることに期待したい。

【ニュース】10TOP

Abashiri news From denshobato