「平成の網走」

rogomaku2016517 【網走ニュース】TOP


~網走市史編さん室 収蔵写真から~ 平成から令和へと元号が変わりました。時代の節目に合わせ、本紙連載の「懐かし写真館」は「シリーズ平成」との副題を添え、網走の平成時代を振り返りたいと思います。(「昭和の網走」はコチラ)
~・~・~・~
From 網走ニュース 2020/7/29

平成元年に撮影された写真です。南4条通りの商店街の交差点です。懐かしい看板が並んでいますね。昭和を過ごした網走人なら、これらの看板を見るだけでたくさんの思い出がよみがえるはず。

写真右手前の赤い案内看板。字が途中で切れちゃっていますが、KINICHIKAN(金市舘)です。金市舘ビル1階にあったロッテリアも見えます。

右奥の赤い看板。目を凝らしてよ~く見てください。「レストラン大丸」の看板です。網走初の洋食レストランとされる「大丸」。注文した品がエレベーターで運ばれるのは画期的でしたね。

rogomaku2016517 【平成の網走】TOP


From 網走ニュース 2020/4/2
平成元年に撮影された写真です。網走市民スケート大会の1コマです。 記録によると、この写真のスケート大会は、2月12日に開催されました。会場は、市内大曲地区の市営スケートリンクです。 写真はたぶん、小学生男子のスタート風景でしょう。選手たちは真剣な目をしていますね。市内の関係者によると、近年のスケート人口は減少の一途をたどっているらしく、スケート大会も以前ほど参加者が集まらなくなっているらしい。 写真の子どもたちが身に着ける毛糸の帽子などのデザインが、時代を感じさせます。

rogomaku2016517 【平成の網走】TOP


From 網走ニュース 2020.1.16
平成元年に撮影された写真です。集まった市民はいったい何をしているのでしょう?
記録によると、撮影場所は市内つくしケ丘地区の集会所。網走市がボート競技会場となった、はまなす国体の出場選手に配布する記念品を作っているらしいです。配布する記念品は、ハマナスの種を入れた袋。はまなす国体ボート競技を盛り上げるために集まった市民たちが、手作業で完成させたようです。
rogomaku2016517 【平成の網走】TOP

From 網走ニュース 2019.11.6

平成元年に撮影された写真です。子ども達が楽しそうですね。網走港の商工ふ頭で開催された「あばしりオホーツク流氷まつり」の1コマ。記録によると、氷上カルタ大会を楽しむ網走っ子たちを収めた写真です。

市民のファッションが時代を感じさせます。赤い長靴を履いた女の子、アノラックを着る男性、カラフルな毛糸の帽子、裾のすぼまったウィンドブレーカー…。「昭和」と「平成」が〝混在〟するような1枚ですよね。

rogomaku2016517 【平成の網走】TOP


From 網走ニュース 2019.10.17
1989(平成元)年に撮影された写真です。場所は南4条から見る西1丁目通りで、「昭和」の雰囲気が残っていますね。この時代、歩行者アーケードがまだ残っています。このアーケードは、平成元年から撤去作業が始まりました。乗用車が写っています。写真中央の2台の車。昭和にデビューした大衆車で、当時はテレビCMで頻繁に紹介されていましたね。※網走市市史編纂室で保存される画像データを使用していますrogomaku2016517 【平成の網走】TOP


From 網走ニュース 2019.9.11

平成元年(1989年)に撮影された写真で、南4条から見る西1丁目通りです。記録では「中央広小路商店街」となっており、歩道にはアーケードがあります。
写真のアーケードは〝初代アーケード〟とも呼ばれ、平成元年に撤去作業が始まりました。現在の南4条通りに架かるアーケードは2代目となります。
現在、写真の歩道にはアーケードはありません。並ぶ店舗の顔ぶれも変わりました。商店街のアーケードは何か「昭和」という時代との区切りを象徴しているかのようですね。

Abashiri news From denshobato