2018年11月ニュース

rogomaku2016517 【網走ニュース】TOP

 Twitter  【☚ タイムリーな情報はコチラ!!】

From 網走ニュース 29

「流氷」テーマ 漫画作成

学校へ配布、温暖化防止を周知

網走市は、流氷をテーマに地球の温暖化防止を呼びかける漫画を北海道環境財団に委託して作成した。温暖化を防ぐために環境省が提唱する国民運動「COOL CHOICE(クールチョイス)」の一環で、市内小学生に配布するほか公式サイトでも閲覧できるようにする。

△漫画「未来のために、いま選ぼう」

漫画「未来のために、いま選ぼう」は、A5判16㌻。市内に住む少年が主人公で、網走市民にとって身近な存在である流氷を守るため、ストーブの設定温度を下げるなど、日常生活の中での”省エネ意識”の向上につなげる内容だ。

漫画の中には、流氷砕氷観光船おーろら、市内向陽ケ丘地区の歩道橋など網走の”風景”が登場。市によると、全体的なストーリーは、オホーツク流氷館の指定管理者・網走観光振興公社の職員が考案した。

市は年内にも、市内の小学3年生以上の児童に配布。また、北見市や訓子府町、置戸町など1市5町と連携した「COOL CHOICEオホーツク」の公式サイトでも閲覧できように準備を進めている。

市生活環境課は「温暖化防止のための『COOL CHOICE』実践の必要性を取りまとめた環境読本。大人も読みやすい内容になっています」と話している。

問い合わせは同課(℡0152―44―6111)へ。


From 網走ニュース 29

障害ある人の「にじいろ音楽祭2018」

9団体出演、盛り上がる

障がいのある人を主役にした「にじいろ音楽祭2018」(実行委員会主催)が25日、網走市内のエコーセンター2000で開かれた。

3回目となった音楽祭。初参加となった日体大附属高等支援学校など、9団体が出演し、合唱をはじめ、詩や日記の朗読、バンド演奏などが披露された。


From 網走ニュース 29

連載「小林さんの楽しい折り紙」パート5

ちょっと季節が過ぎましたが―。すっかりに日本に根付いた西欧文化ハロウィーンの”グッズ”を折り紙で作ってみました。

もともと、折り紙でのカボチャの作り方はありました。黒ペンで表情を書いて、折り紙の帽子をかぶせれば完成します。

「今回、初めて”折り紙ハロウィーン”を作ってみました。ペンで書く表情がポイントなんだと感じました」(小林さん)


From 網走ニュース 29

交際相手の娘に暴行

網走刑務所の刑務官を逮捕

交際相手の11歳の娘の顔を殴ったとして、網走刑務所の刑務官(31歳 男性)が暴行の容疑で逮捕された。

網走署の発表によると、男性容疑者は今月26日夜、自宅に同居する交際相手の娘の髪をつかんで床に押し倒し、平手で顔を数回殴った。女児の怪我の程度は軽いという。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 27

”公式アイヌ文様”を採用

網走刑務所の作業製品

網走刑務所は、関連団体から認証を受けたアイヌ文様を使用した新たな作業製品を開発した。受刑者の矯正作業の中で製品化している。木工と洋裁製品があり、作業製品を通じて北海道の魅力をPRしたい考えだ。

木工製品はストラップやマグネットホルダーなど3種類。「すべてアイヌの人々が使う小刀(マキリ)をモチーフにし、製品の表面にはレーザー彫刻でアイヌ文様をあしらいました」(同刑務所処遇部作業部門)。

洋裁製品は帆前掛け、Tシャツ、バンダナなどの4種類で、いずれもデザイン化したアイヌ文様をプリントしている。デニム地のエプロンなどにはアイヌ文様をイメージさせる「網走」との文字を入れた(写真)。

作業製品に使用したアイヌ文様はすべて、阿寒アイヌ文化知的財産権研究会(阿寒アイヌ協会や阿寒湖コタン調整委員会などで構成)の認証を得ている。

同刑務所によると、同研究会の認証第一号が、今回の作業製品に使用された文様だという。

道内の観光地などでは、アイヌ文様をあしらったお土産品などが数多く扱われている。こうした状況の中で、同刑務所は”オフィシャル”な文様にこだわることで、作業製品の価値を高めたい考えだ。

同刑務所の担当者は「製品に使用するアイヌ文様の認証を得るまで、予想以上に時間を要しました」と振り返っていた。

今回の製品についての問い合わせは、刑務作業事業部 網走地方事務所(℡0152―67―4360)へ。


From 網走ニュース 27

 

網走市が公表した、市職員の「人事・給与」などを、連載で紹介します。今回は「職員構成」についてです(表参照)。問い合わせは市職員課(℡0152―44―6111)へ。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 26

「だまされま川柳」入選作決まる

おれおれ詐欺 防止策

「オレだけは!と言ってるジジほど だまされる」―。特殊詐欺による被害を防ぐため、網走市内の高齢者から募った「だまされま川柳コンクール2018」の入選作が決まった。選ばれた力作はさっそく啓発資材に利用され、被害防止にひと役買っている。

コンクールは、昨年に続き2回目。網走市老人クラブ連合会と網走消費者協会、同市防犯協会などの主催で、網走市においても振り込め詐欺、還付金詐欺など特殊詐欺行為が確認されていることなどから、新たな未然防止策として実施している。

今回は、市内老人クラブ員や寿大学生、シルバー人材センター登録者から33作品が寄せられた。関係者による選考会で、5作品が選ばれた。

選考会の関係者は「今年はさらにレベルの高い作品が集まりました」。入選者には賞状、記念品が贈呈された。

入選した5作品は今後、特殊詐欺の被害防止を呼びかける啓発活動に利用される。すでに配布準備が整っている、キッチンスポンジを利用した啓発資材には5作品と網走消費者相談室の電話番号などを印刷した紙が添付されている。


From 網走ニュース 26

網商の永年勤続表彰

24社54人の功績称え

網走商工会議所(北村会頭)の平成30年度永年勤続優良・優秀従業員表彰式が、市内の網走セントラルホテルで開かれた。対象となった24社の54人に向け、北村会頭は「今後も企業の発展と繁栄、地域社会に貢献してほしい」と功績を称えていた。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 23

不法投棄パトロール

網走署など関係機関連携し

△発見された不法投棄ごみ

網走市や網走署、道森林管理局によるが廃棄物の不法投棄パトロールが、網走市内で行われた

合同パトロールは、毎年実施。今回は郊外地区を中心にチェックしたところ、明向大橋の下を流れる川付近でゴルフバッグや生活ごみ、オホーツク海沿いの美岬トンネル・パーキングエリア付近ではカーペット、蛍光管、ヘルメット、大量のペットボトルなどを発見した。

過去の合同パトロールで発見したごみからは、排出者を割り出したケースも多々ある。市などは今後もパトロールを継続し、ルール違反者には厳しく対応する考えだ。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 22

護身術、科学、口呼吸…

西コミセン子どもまつり

網走市の西コミセを会場に、地域子ども達に学ぶ楽しさを伝える「西コミセン子どもまつり」が、開かれた。約70人が参加。網初走刑務所や小西歯科が初出展し、体験型学習イベントを盛り上げた。

昨年に続き2回目。西コミセンを拠点に地域コミュニティの維持・発展を目指す住民団体「西地区地域活動推進協議会」子ども部会が主催し、地域の子ども達を対象にした生涯学習イベントとして定着させたい考えだ。

今年は科学、工作などをテーマにした8ブースが出展。各ブースの企画・運営のすべてを、市民グループがボランティアで担っているのが特徴だ。

網走刑務所は、西コミセンのある大曲地区にあることから住民との交流を進めるため、小西歯科は子どもの健康や姿勢づくりなどにつながる「鼻呼吸」の大切を伝えるために初出展した。

網走刑務所ブースは、刑務官による護身術の伝授が人気を集めた(写真)。小西歯科はストローを利用した工作品を通じて、子どもたちに鼻で呼吸するきっかけをつくっていた。

”メーンイベント”のサイエンスショーでは、酸素と水素を使ったミニ爆発実験などに子どもたちは大興奮していた。


From 網走ニュース 22

レア(?)な組合せ

網走駅で目撃 !!

網走駅に珍しい組合せのディーゼル機関車と客車が停車していました。市民が画像を提供してくれました。SLすずらん号」を引っ張るのは、「DE10型」ディーゼル機関車。鉄道好きな市民によると、「珍しい組合せ」らしいです。


From 網走ニュース 22

市役所「人事・給与」①

網走市が公表した、市職員の「人事・給与」などを、連載で紹介します。今回は「給料」についてです(表参照)。問い合わせは市職員課(℡0152―44―6111)へ


From 網走ニュース 22

連載「小林さんの楽しい折り紙」パート5

折り紙では、色々な種類のバラを作ることができます。立体的なものをはじめ、平面的なバラも折ることができます。

今回のバラは”入門編”のようなタイプ。一見」難しそうですが、「意外と簡単ですよ」(小林さん)

折ったバラに葉を、そして茎を付ければ、「誰かにプレゼントしても喜ばれると思いますよ」(小林さん)


From 網走ニュース 22

28日に人権相談

いじめ差別、いやがらせ、DVなどに関する人権相談会が28日(水)午後1時~3時、網走市役所で開かれる。無料で応じる。

問い合わせは市社会福祉課庶務係(℡0152―44―6111内線234)へ。


From 網走ニュース 22

献血、11月の巡回日程

献血車「ひまわり号」の11月巡回日程(網走市内のみ)は次の通り。問い合わせは市保健センター(℡0152―43―8450)へ。

【27 日】▽10時~12時、13時15~14時半=オホーツク総合振興局▽15時15分~16時=南ケ丘高校前

【30日】▽10時~12時半=網走市役所裏▽14時~14時45分=ムラコシ前(潮見1)▽桂陽高校前=15時15分~16時


From 網走ニュース 22

佐川急便装う不審メール

網走市民にショートメールで

佐川急便を装った不審なメールが、網走市の女性市民に届いた。メールは身に覚えのありそうな内容だったが、女性は不審に感じて、メールに記されたURLへのアクセスは控えたという。同様のメールは全国的に多発していよるうで、佐川急便は自社のWebサイトに注意喚起の特設ページを設けて対応。網走市消費者相談室は「ちょっとでも不審に感じるメールは無視して」と呼びかけている。

女性市民への不審メールは、自身が所有するスマートフォンにショートメール(SNS)で届いた。自宅には宅急便で荷物がひんぱんに届くことから、このメールが届いた当初は不審に感じなかったという。
しかし、これまでに経験のなかったメール内容だっため、インターネットで「佐川急便 ショートメール」などと打ち込んで調べたところ、不審メールであることに気づいた。
ネット上では、佐川急便を装った新ての不審メールについて多数のページが指摘している。全国的に多発しているようで、こうした事態を踏まえ、佐川急便は自社Webサイトに注意喚起のページを開設し、対応している。
ネット情報によれば、不審メールに記されたURLにアクセスすると同社のサイトに似せた画面が現れ、「『貨物追跡サービス』をかたった悪質なアプリのインストールを求められる」らしい。
誰もが身に覚えのありそうな、”不在だったための宅配物の預かりお知らせ”という事象を悪用した不審メールについて、同相談室は「新ての騙りメール。こうしたメールは無視してほしい」と理解を求めている。


From 網走ニュース 22

来年1月出発、備は着々

カナダ・ポ市への訪問団

△法被に描くデザインを選ぶメンバーたち

来年1月に網走市の姉妹都市カナダ・ポートアルバー二市に派遣される、第18回少年少女訪問団メンバーが、異国での生活に向けた学習会に励んでいる。
網走・ポートアルバー二姉妹都市交流協会(黒沢武会長)が隔年で派遣。市内小中学生7人とリーダー的役割を担う高校2人が選ばれ、来年1月8日に網走を出発する。ポ市には5日間滞在し、ホームステイしながら現地の学校へ通うなどして交流を深める。
学習会は、12月下旬まで計7回開かれる。これまでに、ホームステイのマナーなどを学んだほか、ポ市で披露する出し物の内容などを自分たちで話し合って決めた。
ポ市での出し物は、よさこいソーランに決定。先日の学習会では、メンバー各自が考案した、ポ市で着用する法被に描くデザインを絞り込むなど、出発に向けた準備を進めていた。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 20

「川と湖の学習館」が人気

個人利用の増加目立ち

網走市水産科学センターに併設される「川と湖の学習館」は11月末で、今季利用が終了する(12月~来年3月は冬期休館)。13日現在の今季来館者は3288人で、この時点で過去5年で最も多く、個人利用の堅調な伸びが要因。ゴールデンウィークなどに合わせたイベントが好評なようだ。

施設を管理・運営する市水産漁港課によると、13日現在の今季来館者は、前年同期と比べ53人増。来館者「3千人超え」は、28年度から3年連続で、要因は個人利用の大幅な伸びだ。

今季の個人利用は1821人で、前年比168人の増。来館者全体の55%を占め、この割合は過去3年同様に推移している。

同学習館ではニジマスやヤマメ、カニなどを飼育し、地元の水産業や自然環境などへの関心を高めている。通年飼育ではないが、地元漁業者から提供されたシマフグやフウセンウオなどを飼育展示することもある。

近年、同課は施設の利用アップ策を積極的に展開。ゴールデンウィークや夏休みなどに合わせた、ホタテの貝殻を使った工作教室などを用意したイベントを企画し、家族連れを中心に喜ばれている。

現在、サケの受精卵を飼育展示中だ。「順調に成長すれば12月ころにふ化すると思います」(同課)。冬期休館中は火~金曜日に限り、事前に電話連絡すれば見学できる。入館無料。

問い合わせは同センター(℡0152―47―1166)へ。


From 網走ニュース 20

連載「小林さんの楽しい折り紙」パート5

折り紙教室などに参加した子ども達が喜ぶのが、この”回るヒマワリ”。中央部分を指でつまみ、ちょっとだけ力を入れてクルっとすれば、ヒマワリは勢いよく回ります。

このヒマワリは、3つのパーツからなります。「3つのパーツは簡単に分解、合体できる点も子ども達に人気です」(小林さん)。

小さなお子さんを育てるママさん、パパさにもおススメ。手作り玩具でお子さんを喜ばせてはいかが?


From 網走ニュース 20

新成人の代表募集

網走市は来年1月13 日に開催する成人式で「誓いのことば」を述べ、「記念品」を受け取る新成人の代表者2人を募集している。申し込みは今月30日までに、同市教委社会教育課(℡0152―43―3705)へ。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 19

解体予定の網走高校で消防訓練

エンジンカッターで鉄扉切断

解体されることが決まっている、旧網走高校校舎(南6東3)を利用した実践的消防訓練に、網走消防署の消防士が取り組んだ。実際に使用されていた鉄製の扉をエンジンカッターで切断するなど、「めったにできない体験」(同署員)だった。緊張感漂う訓練に密着した。  (大・記者)

旧網走高校は鉄筋コンクリート5階建て。網走消防署は解体前のこの建物を、市民の生命と財産を守るための訓練に利用できないかと考えた。記者は同消防署の許可を得て、訓練に密着させてもらった。

~本番さながら”緊張感マックス”~

「足元滑ります。気を付けてください」。若き消防士に注意を促され、記者は薄暗く、静まり返った校舎内を進んだ。

この日の訓練には15人の消防士が参加。中には、消防士2年目の署員もいた。

「では、始めます」。校舎内の鉄製の扉をエンジンカッターで切断する訓練。いきなり火花が散った。記者はカッターの音、火花の大きさに圧倒され、正直に言うと2、3歩あとずさりした。

記者という仕事に就いて20年余り。これまで陸上自衛隊の演習などを体験取材してきたが、建物内に鳴り響くエンジンカッターのごう音、火花の量は想像を超えていた。

続いて、災害時に施錠された鉄製の扉をエンジンカッター以外でこじ開ける訓練。特殊な道具を扉の隙間にねじ込む、蝶番やドアノブを破壊する―など、様々な方法を試す実践訓練だった。

消防士の1人が教えてくれた。校舎にあった鉄製の扉は市営住宅のタイプとほぼ同様で、「実際に使用されていた状態のままの扉をカッターで切る、ハンマーで壊す―という訓練はまずできません」

校舎内のトイレの壁を壊す訓練もあった。倒壊したブロック壁などに救出口を確保する目的だ。

過去の震災を教訓にした、緊急消防援助隊との連携を視野に入れた「ブリーチング」と呼ばれる訓練で、網走消防署の消防士全員が”初体験”だった。

ドリルで壁に穴を開ける、掘削機を使う、ハンマーで叩く―。道具の使い方を含めて様々な方法を実践し、体得していく消防士たち。ヘルメットから汗がしたたり落ちる消防士も。

「市民の命を守るため」―。緊張感みなぎる訓練は、4日間にわたり行われた。


From 網走ニュース 19

元米米CLUBのドラムス参加

一中吹奏楽部の定演

元 米米CLUBのドラマー高畠敏男さんが、網走第一中学校吹奏楽部の第26回定期演奏会=11月25日(日)午後2時~、網走市民会館=に出演する。同部顧問と友人だったことから」実現し、定演では一中部員や同部OB・OGとの共演で「米米CLUBメドレー」を披露する。部長の菊地さん(3年)は「プロの演奏を間近で聴けることは私たちも楽しみです」と話している。

高畠さんと同部顧問の橋本教諭は、若かりし頃に音楽活動を通じて知り合った。以来、友人関係は続き、一中定演への出演を打診したところ、「快諾してくれました」(橋本教諭)。

第26回定演は3部構成。高畠さんは第2部の「米米クラブメドレー」に出演し、ドラムを担当する。

メドレーでは、ヒット曲「君がいるだけで」や「愛は不思議さ」「浪漫飛行」など10曲を演奏。高畠さんは、26人の部員と高校生の同部OB・OGらと共演する。

自身もドラムを担当する部長の菊地さんは「今までと違う雰囲気の音楽を演奏している人と一緒に演奏できるのはとても楽しみです」と声を弾ませ、米米メドレー以外に定演で披露する「ミュージカル『レ・ミゼラブル』や『ダンプレ2018』もぜひ聴いてほしいです」と来場を呼びけている。

チケット(前売り500円、中高生300円)は、同会館などで扱っている。問い合わせは同校(℡0152―43―4358)へ。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 17

天童市と”マラソン交流”

市民ランナー、エイド部隊を派遣

△ランナーに網走の特産品を配る市職員

網走市は、観光物産交流都市・山形県天童市の「天童ラ・フランスマラソン2018」(11月4日開催)に、公募した市民ランナーを初めて派遣し、”マラソン交流”を本格化させた。

派遣された4人の市民ランナーと市職員1人は、同大会ハーフマラソンに出場。また、コース沿道で出場者約3500人に網走特産品(カニむき身25㌔、長天2千枚)を配るエイド担当者として市職員4人が同行し、派遣ランナーとともに網走の魅力をPRした。

市は今年度、「友好都市マラソン交流・PR事業」を創設。事業費約70万円で、今回の市民ランナー1人に対する助成金(3万円)とエイド用食料費、同行した職員の関連費用などに充てた。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 16

障がいある人の「にじいろ音楽祭2018」

パワーアップして3回目

障がいのある人を主役にした「にじいろ音楽祭2018」(実行委員会主催)が25日(日)午後1時~3時、網走市内のエコーセンター2000・1階ホールで開かれる。日体大附属高等支援学校が初参加するなど、パワーアップした内容になっている。入場無料。

同音楽祭は、一昨年に障害者差別解消法が施行されたほか、2020年に東京でパラリンピックが開催させることなどを踏まえ、障がい者の理解をさらに深めてもらう狙いで開催。3回目を迎え、出演者や来場者が増えてきたことから、同センターで最も観客席の多い「エコーホール」を会場にした。

初参加となる日体大附属高等支援学校は2年生18人が出演。ほかの在校生や教職員も観覧し、学校一丸となって同音楽祭を楽しむという。また、障がいのある女性が創作した詩の朗読などがある。

出演団体は次の通り。問い合わせは井上さん(℡090―8429―3905)へ。

【出演団体】ふれ愛&コール・ドルチェ、しゃ~みん、TRY・CATS、スマイルライフ、チームMints、徳永ゆきえ with Y、夢の樹オホーツクにわか合唱団、日体大附属高等支援学校、クリオネ手話っち


From 網走ニュース 16

マナブ楽しさ伝えます

23日にまなび塾フェス開催

網走っ子らに学ぶ楽しさや喜びを伝える、生涯学習イベント「あばしりまなび塾フェスティバル」(実行員会主催)が23日午前10時~午後3時半、市内エコーセンター2000で開かれる。市内最大規模となった体験学習イベントを控え、実行委メンバーによる準備が進められている。

恒例のイベントで、同センター全館が会場となる。市民グループなどが工作や朗読劇、料理などをテーマにしたブースを企画・運営し、訪れた網走っ子らは自由に体験できる。例年の来場者は2千人を超え、網走最大の生涯学習イベントとして定着した。

今年は23団体が出展し、このうち新規は5団体。主催する実行委は出展団体メンバーで構成され、10月から週1回ペースで会議を開いてきた。

14日の会議では、当日の来場者に配るスタンプラリー台紙を兼ねた各ブース紹介文を載せた冊子づくりに励んだ。1時間半ほどをかけて約700冊完成させ、フェス開催の準備はほぼ整った。実行委員長の宮田さんは「多くの市民に『学ぶ楽しさ』を伝えたい」と話していた。

問い合わせは実行委員事務局の網走市教委社会教育課(℡0152―43―3705)へ。


From 網走ニュース 16

若者の働く悩み応じます

22日に「サポステ」開設

若者の働くことに関する悩みに応じる「オホーツク若者サポートステーション網走出張所」相談窓口が22日(木)午後1~4時、市内南4条西1丁目のまちなか交流プラザに開設される。無料で応じる。問い合わせは同ステーション(℡0157―57―3136)へ。


From 網走ニュース 16

学校教育計画策定会議を公開

網走市学校教育計画策定会議が21日(水)午後6時半から、市内エコーセンター2000で開かれる。市民に公開する。4回目となる会合では、策定委員15人らが同計画案について意見を交わす。問い合わせは同市教委庶務係(℡0152―44―6111)へ。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 15

ラグビー「ジャパン」 来年8月に網走合宿

W杯日本大会 直前に来網

来年9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に向けた、日本代表チーム(ジャパン)の網走合宿期間が決まった。ジャパンの来網期間は来年8月18日~28日で、前回のW杯イングランド大会で強豪・南アフリカを破ったときのジャパンメンバーらが、網走の地で調整に励む。

アジアで初開催となるラグビーW杯日本大会は、ジャパン対ロシア戦(来年9月20日、東京スタジアム)で開幕。ジャパンの網走合宿は、初戦を控えての重要な練習となりそうだ。

網走市教委は、ジャパンの網走合宿日程が決まったことを受け、網走市役所前庭に大型看板(横7・2㍍、縦90㌢)を設置(写真)。ジャパンへのエールのほか、市民にW杯が近づいていることや日本代表チームが網走で合宿することをPRしている。

また、市内の総合体育館前には、ジャパンのほかに網走市を公認キャンプ地に選んだフィジー代表チームを応援する看板がお目見え。同市教委スポーツ課は「総合体育館や隣接する市民健康プールなどの利用者、道路を行き交うドライバーや市民にジャパンとフィジー代表チームが来網することをどんどん周知していきたい」と張り切る。

ジャパンの網走合宿はこれまでに5回行われている(平成4、5、6、13、15年)。 来年、網走を訪れる日本代表選手には、「史上最大の番狂わせ」などと世界を驚かせた、2015W杯イングランド大会で南アフリカを破ったときの”ジャパン戦士”が多数含まれていることが予想される。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 14

成長早く、生残率高く

ホッカイエビ増やす試験・研究進む

網走市能取湖の特産魚種ホッカイエビ(北海シマエビ)を増やすための飼育研究が、本格スタートしてから半年が経過した。東京農業大学網走の千葉晋教授と同大学生を中心に進められ、同じ母親から生まれたエビを区分した研究では家系によって生残率が高く、成長するスピードが早いことが分かった。千葉教授は「生残率の高さがここまではっきり分かるとは」と驚いている。

▽同大で試験・研究されるホッカイエビ

能取湖のホッカイエビの漁獲量が減少していることから、市は今年度、増殖に向けた調査・研究を同大に委託。今年5月に本格スタートし、同湖から抱卵している400匹ほどのホッカイエビを採取し、同大などで飼育研究が進められている。

~東農大網走 千葉教授と学生~

同大内の研究室には数十個の水槽がずらりと並ぶ。各水槽では、同じ母親を持つエビが区分され飼育されている。

家系別にした飼育研究からは、母親エビによって生残率に差があることがわかった。水槽で泳ぐエビは生後5、6カ月で、母親によっては1匹も生き残れたなかったケースもあった。

「家系によって成長が異なることはわかっていたが、生残率でもここまではっきり違いが出るとは予想していませんでした」(千葉教授)

成長の早さも注目すべき点だ。

千葉教授によると、ホッカイエビは生まれてから2~3年で体長10㌢ほどに成長する。一方、同大の水槽で飼育されるエビは「7、8㌢サイズ」が7割ほどを占める。

研究はまだ初期段階だが、現時点では①家系によっては生存率が高い②成長が早い―というデータを得られた。

ただ、千葉教授は「水槽と実際の湖では結果が異なることが多々あります」とし、①②についての詳細研究を今後も進めるという。

能取湖でのホッカイエビ漁は、資源量の減少から平成15、27年に禁漁となった市などは減少の要因を追及しつつ、ホッカイエビの資源量増大の可能性を探っていく考えだ。


From 網走ニュース 14

懐かしき友と乾杯

網走市教委の「青年学園」同窓会

昭和40、50年代に人気を集めた、網走市主催「商工青年学園」のかつての参加者らによる”同窓会”が、網走セントラルホテルで開かれた。

商工青年学園は、青年を対象にした学習事業で、昭和42年8月にスタート。「商工」「家政」コースなどがあり、30年ほど続いたという。

同窓会には、当時の担当職員らを含め約30人が出席。遠くは札幌市から足を運んだ元学園生もいた。

昭和42年10月に同市教委に赴任し、同学園を担当した高橋さん(73)は「『先生と生徒』という関係ではなく、共に成長した仲間。つながりは今でも強いです」と振り返っていた。


From 網走ニュース 14

スリップ事故に注意を

14日朝の網走は、前夜の雨により路面の一部が凍った影響などでスリップ事故が数件起きたようだ。ドライバーは「ブラックアイスバーン」に注意が必要だ。

(14日午前7時ころ、西山通で発生した事故=市民提供=)

市民からの情報によると、14日午前7時過ぎ、潮見地区と錦町を結ぶ西山通で車両事故が発生。路面凍結によるスリップが原因とみられる。

西山通は勾配があり、関係機関などは毎冬、スリップ事故の”多発エリア”としてドライバーに注意を呼びけている。

 

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 13

ウェルカム アバシリ

ラグビーW杯 フィジー代表

公認キャンプ地 ポスターや看板続々

ウェルカム アバシリ―。来年9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場する、フィジー代表チームの公認キャンプ地に選ばれた網走市は、関係機関から使用許可を得たロゴマークなどを使用した横断幕やポスターを作成した。ポスターなどを通じて、フィジー代表チームのおもてしムードと、アジア初開催となるラグビーの祭典に向けた機運盛り上げたい考えだ。

フィジーのW杯日本大会初戦は札幌ドームでのオーストラリア戦(9月21日)。網走市は、国内外のラグビー関係者から高く評価される天然芝グランドなどがあることから、フィジー代表チームの公認キャンプ地に選ばれた。

受け入れ窓口となる網走市教委は、フィジー代表チームへの歓迎の気持ちと、市民への周知を目的に横断幕(横8㍍、縦90㌢)、ポスターを作成。すでに、網走市役所前庭にも大型看板を設置しているが、今回の横断幕とポスターは、W杯公式のロゴマークなどを入れたことが特徴だ。

同市教委は、公式ロゴマークなどを使用するため、数カ月前からW杯組織委員会に許可申請をしており、先日に念願の許可が下りた。

”公式”の横断幕は網走市役所本庁舎に掲揚。ポスターは今後、市内公共施設などに掲示し、W杯日本大会に向けた応援ムードを盛り上げる考えだ。


From 網走ニュース 13

「小林さんの楽しい折り紙」パート5

「小箱」 折り紙で作る小箱の使い方はさまざま。ちょっとしたアイデアで、プレゼント品などとしても活用できます。

「折り紙の柄によって和風になったり、西洋風になったりするのも折り紙の面白いところです」(小林さん)。今回は、折り紙で作ったバラやガーベラを箱の中に入れてみました。シックで、ゴージャスな感じがしますよね。(「箱をたのしむ」(布施和子著/筑摩書房)より)


From 網走ニュース 13

中学「国語B」で全国平均上回る

学テ結果、網走市教委が公表

網走市教委は、今年4月に市内小学6年生と中学3年生を対象に実施した「全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の成績を公表した。中学校「国語B」の平均正答率が全国平均を上回った一方で、小学校はすべての教科で下回った。

今回の学力テストは、市内すべての小学6年生260人、中学3年生285人を対象に実施。教科は「国語A・B]と「算数(中学は数学)A・B」、「理科」(3年に1回実施)となっている。

網走の中学校成績では、「国語B」平均正答率が61・8◯で全国平均を0・6◯上回った。「国語A」は76・1◯で、全国平均と同ポイント。ほかの教科は、全国平均を下回った。

全国平均を下回った教科の中で最も差が大きかったのは「数学A」でマイナス2・3◯。次いで、「数学A」のマイナス1・7◯、「理科」マイナス1・4◯となっている。

網走の小学校成績で、全国平均との差が最も大きかったのは「国語A」「算数B」のマイナス3・7◯。次いで、「国語B」の2・2◯、「算数A」マイナス1・3◯、「理科」のマイナス0・7◯となっている。

学力テストでは、「学習習慣・生活習慣」についても調査している。

同市教委のまとめによると、網走の小学校と中学校の特徴として、「学校の授業以外に、普段。1日当たり1時間以上勉強している」が、全道・全国と比べ低い傾向を示してた。成績の詳細は、市のHPで閲覧できる。


From 網走ニュース 13

田島市議が辞職

来春の札幌市議選に出馬

網走市議会の田島央一市議(40)=無所属=が、11月9日付けで市議を辞職した。田島氏によると、来年4月の札幌市議選に出馬するために辞職した。

同市議会事務局によると、田島市議は11月1日、工藤英治1議長に辞職願を提出。規則では、定例会開会中の場合は議会にはかるが、今回は休会中であるため、工藤議長のみの判断で辞職が許可された。

辞職後、田島氏は取材に対して「(来春の)札幌市議会に出馬するために辞職した。札幌でも勝ち上がり、網走のためにも頑張っていきたい」と応じた。

田島氏は、平成27年4月26日投開票の網走市議選で1239票を獲得して初当選。任期は来年4月30日までだった。すでに住所を札幌市に移しており、札幌市議選では北区から出馬するという。


From 網走ニュース 13

技能功労者表彰

石川さん、佐藤さんに決まる

網走市の平成30年度技能功労者表彰に、石川さん(63)=建築大工、石川建設=と佐藤さん(78)=建築配管=が選ばれた。

技能功労者表彰は、優れた技術・技能者や後継者の育成などに功績のあった市民をたたえる。昭和51年に創設され、これまで100人以上が表彰されている。

石川さんの勤続年数は46年、佐藤さんは44年。今月21日には、網走セントラルホテルで表彰式が行われる。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 10

コミセン対抗「ミニテニス大会」

網走市内のコミセン単位で結成したダブルスチームが対戦する、第12回「4コミセン・ミニテニス大会」が、市内の北コミセンで開かれた。

網走市コミセン連絡協議会の主催。南、潮見、北、西コミセンから延べ18チームが出場し、3ブロックに分かれたリーグ戦を経て、トーナメント戦で順位を競った。

ミニテニスは、ビニール製の大きなボールとテニス用より小さなサイズのラケットを使用。試合はダブルス制で、すべてワンバウンドしたボールを相手のコートに打ち返すことを基本としており、高齢者の健康づくりなどとして人気がある。          (大)

同大会の結果は次の通り。①吉村・細山(西コミセン)②清水・三国(同)③三浦・小野寺(北コミセン)

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 9

田島市議が辞職

来春の札幌市議選に出馬する考え

田島央一・網走市議会議員(結成の会)は、11月9日付けで議員を辞職した。田島氏は辞職理由について「(来春の)統一地方戦での札幌市議選に同市北区から立候補するため」と話していた。

田島氏は、平成27年4月の網走市議選で初当選。任期途中での辞職となったが、「札幌市議選でも勝ち上がり、網走のためにも頑張っていきたい」と、取材に応じた。(詳細ニュースは後日の「網走ニュース」か日刊フリーペーパー「伝書鳩」紙面に掲載します)


From 網走ニュース 9

監査請求を受理     ホテルかさ上げ工事

住民グループが1050万返還求める

網走市監査委員は6日、市が実施した網走湖畔にある商業施設敷地のかさ上げ工事費約1050万円の返還を水谷洋一・網走市長に求める住民監査請求を受理した。申請後から60日以内に2人の監査委員が結果を出すことになっているが、申請書類の補正期間などを含めると、「12月末までには結果を公表したい」(監査委員事務局)

市は今年4月から7月、大雨時などの冠水対策として、網走湖畔の民間ホテル敷地(一部は河川敷地)のかさ上げ工事を実施。この工事は工事名「呼人駅前通線排水工事」に含まれていた。

監査請求は、網走市民5人が10月12日に行った。請求文の要旨は次の通り。

①工事経費の大半が網走湖畔の商業施設の堤防工事に費やされている

②工事は本来、民間企業が自ら行う必要があった箇所。工事箇所は現在、民間商業施設の通路及び駐車場として使用されている

③「呼人駅前通線排水工事」との名称であるにも関わらず、大半の経費は呼人駅前通での排水工事には使われていない

④古都市議の質問に対して市は「民間地に生じた土砂の性質が粘土質で当該工事に適していた」と答弁しているが、関連書類からこの土砂は粘土質ではなかったことが判明している

―・―・―・―

市民らは監査請求当初、市の予算を基に工事約900万円の返還を求めていた。しかし、実際の工事費の約1050円に変更した。

受理後、監査委員は監査請求内容について「却下」「棄却」「理由あり」などとの結果を下す。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 8

◆第10回福沢杯少年少女卓球大会の結果(11月4日、網走市総合体育館。約160人出場)

   

【男子】▽小中学シングルス②樋口涼太(美幌北)③金兵新太(美幌北)、山森隼人(同)▽高校シングルス①鈴木大介(網走三中)②佐藤大空(網走卓運③佐藤雄代(日体大附属)

【女子】▽小中学シングルス①田中萌々香(網走三中)②後藤田真夕(北見北)③平間彩楓(網走三中)、野呂羽乃(北見クラブ)▽高校シングルス②鈴木柚香(網走南ケ丘)


From 網走ニュース 8

オリジナル腕時計    サミの紐織り

オリジナルバンドを作ってみませんか―。道立北方民族博物館(網走市)の「サミの紐織り腕時計づくり」が17日(土)午前10時~正午、同館で開かれる。対象は小中学生で、参加無料。定員20人になりしだい締め切る。

北欧に暮らす民族サミについて学び、5色の紐を織って腕時計のオリジナルバンドを作る。完成品は時計と一緒に持ち帰る。申し込みは同博物館(℡0152―45―3888)へ。


From 網走ニュース 8

「いせの里文化祭」

網走市の介護老人保健施設「いせの里」文化祭が、同施設で開かれた。施設利用者や家族、地域住民らとの交流を深める狙い。施設利用者の手作り作品が展示されたほか、綿あめやたの焼きなどのミニ屋台、バザーが並び、訪れた人を喜ばせた。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 7

南コミセン「秋の文化祭」

網走っ子、工作などに夢中

地域コミュニティの維持・発展を目的に、住民自らが企画した「子どもたちの、秋の文化祭」が、網走市の南コミセンで初めて開かれた。

南コミセン子ども文化祭実行委員会の主催。竹を使った工作や茶道・華道、和紙の絵葉書作り、工作道具などを利用した「ちょっとあぶない体験」コーナーが用意され、網走っ子は体験を中心とした学習メニューを楽しんだ。

同コミセン近くの南小学校児童考案の「20年後の網走」予想図も展示された。


From 網走ニュース 7

北方民博まつり

ボルシチなどに行列

道立北方民族博物館(網走市)の「第10.回北方民族はくぶつかんまつり」が、同館で開かれた。

北方民族の衣食住と遊びをテーマにした恒例のイベント。、アイヌやモンゴルの民族衣装試着のほか、フィランドのゲーム「モルック大会」などが用意された。

飲食コーナーでは、ロシアスープのボルシチ200食が無料配布され、行列ができる人気ぶり。また、網走市の姉妹都市カナダ・ポートアルバーニ市との交流をPRするブースでは、メープルパンケーキやクッキーなどが提供された。


From 網走ニュース 7

網走社協の職員が横領

網走市社会福祉協議会の男性職員が、担当していた町内会連合会など5団体の事務資金約370万円を横領していたことが、テレビ報道により明らかになった。報道を受け、同市社協は6日、「報道関係各位」とする資料を報道各社に配布し、今回の件を報告した。

「報道各位」資料内容は次の通り。

男性職員(40歳)が、担当している5団体から団体事務の資金を平成23年度(2011年)から29年度(2017年)までの7年間にわたり377万5068円を着服していることが判明いたしました。

今年度、職員の事務担当の見直しをしたところ、書類の不備が散見されていたので本人に確認したところ、8月上旬に着服を認めたものでございます。

なお、本人は反省し、9月18日に全額がすでに各団体へ返還されております。

平成30年9月21日に社会福祉協議会理事会を開催し、審議した結果、当該職員については、本人が大いに反省しており、また着服金が返還されていること、退職により今後も制裁を受けることから、論旨退職処分(退職金は支給しない)にすること、また、刑事告発は行わないことと決定したところです。

関係団体の皆様には大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

社会福祉協議会といたしましては、今後このようなことが無いよう役職員一同取り組んで行くことで責任を果たして参りますので、よろしくお願い申し上げます。

大変申し訳ございませんでした。

網走社会福祉協議会 会長 神内義光

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 5

水谷氏 無投票で3選

網走市長選

任期満了に伴う網走市長選が4日告示され、現職の水谷洋一氏(55)=無所属=以外に届け出はなく、3期目当選が決まった。

立候補の届け出締め切りの午後5時過ぎ、水谷氏の選挙事務所に集まった支援者は万歳三唱をして当選を祝った。

水谷氏は、前回の市長選に続いて無投票当選。12日には、網走市選管から当選証書が交付される予定。

―・―・―・―・―

選挙事務所で、水谷氏が支援者に述べたあいさつ内容は次の通り。

「2期目にできたことを3期目に向けてしっかりと発展させていくことが大切だと思っている。市民の問題として医療、子育て、住宅地の道路の問題、地域の活性化の問題としてJR、空港民営化に伴う航空うネットワーク、農業、漁業、林業、そして観光振興について(遊説中に)

話しをしてきた。今日(の遊説で)訴えさせたもらったことについてこの4年間、誠心誠意取り組んで、立派な市政になるよう私自身、肝に銘じて頑張っていきたい」


From 網走ニュース 5

網走キルターズの作品展

市民サークル・網走キルターズ(絹笠浩子 代表)の作品展「第11回キルトフェア in オホーツク」が9~11日、網走市内のエコーセンター2000で開かれる。メンバーが手がけたキルトやパッチワークなどが展示される。観覧無料。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 2

網走刑務所、小西歯科が初出展

西コミ子どもまつり、パワーアップ

地域の子どもたちに”学ぶ場”を提供する、網走市大曲地区にある西コミセンを会場にした「子どもまつり」が18日午前10時~正午、開かれる。2回目となる今年は、開催趣旨に賛同した網走刑務所と小西歯科診療所(市内)が初出展し、体験型メニューを楽しんでもらう。

▽昨年の西コミ子どもまつり

市内大曲、新町、三眺地区の住民や企業、学校などからなる西地区地域活動推進協議会(國分安三会長)の主催で、昨年初めて開催した。「地域の子どもたちに楽しく、面白く色々なことを学んでもらうことが最大の目的」(同協議会)で、市民グループなどが科学や工作などをテーマにした出展ブースを設け、訪れた子どもは自由に体験できるスタイルだ。

網走刑務所は西地区に官舎などもあることから、「子どもまつりを通じて地域住民と交流を深めたい」(同刑務所)とし、出展することを決めた。当日は持参した畳の上で、若き刑務官が網走っ子に護身術を教える。

小西歯科診療所は、「子どもの食べる機能を育む」ことを目的に出展。健康づくりに大切な口を閉じて呼吸(鼻呼吸)することを習慣づけるため、ストローなどを用いた体験メニューを用意するという。歯の磨き方を伝えるチラシも配布する計画だ。

このほか、メーンイベントとなる「サイエンスショー」(「水素の爆発」と「空き缶つぶし)や科学フェスティバルブースなどが楽しめる。

同協議会は「子どもたちはまちの未来。将来を担う子ども達に”学ぶ楽しさ”を伝えたい」と話している。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


From 網走ニュース 1

桂陽高ボランティア部が受賞

北海道社会貢献賞

網走桂陽高校ボランティア部が、北海道社会貢献賞を受賞した。市内でのごみ拾いやイベント支援などを通じた地道な地域福祉活動が認められた。創部10年の節目での受賞。現部長の遠藤さん(2年)は「自分たちが信用されて、活動できるのは、先輩や先生のおかげです」と喜んでいる。

同貢献賞は、ボランティア活動などを通じて豊かな地域社会づくりに貢献した団体や個人に贈られる。今年度、高校の部活動単位で受賞したのは桂陽高校のみ。

同校ボランティア部は、平成20年度に発足。市内の各種イベント運営支援をはじめ、幼稚園運動会のサポート、障がい者施設訪問、リングプル・エコキャップ回収、網走市社協主催のクリスマス交流会の企画・運営などを担っている。

創部当時は5人ほどの部員で活動をスタート。市内においてのボランティア活動に対する関心の高まりなどに伴って部員も増加し、3年ほど前から40人前後の”大所帯”に。今年度は45人体制でスタートし、先日に3年生が引退した後も、1、2年生だけで30人が在籍している。

創部時から顧問を務める小野塚博美 教諭は「色々な人とのつながりができるのがボランティア活動。部員には『互いがありがとう』という関係で多くの人とつながってくれることを望んでいます」と話す。

引退した前部長に代わり、新たな部長になった遠藤さんは「ボランティアを『やらせてもらう』ことで自分のためになる。ボランティアは自分を変えることができると思います」と今回の受賞を機に、これからも各種活動に励む考えだ。


From 網走ニュース 1

オープンスクール日程

網走市立潮見小学校は10日(土)9~14時、学校の授業を一般市民に公開する。問い合わせは同校(℡152―43―5814)へ。


From 網走ニュース 1

初心者向け朗読講座

網走市立図書館主催の「初心者向け朗読講座」が11月15日(木)午前9時半~正午、同市内のエコーセンター2000で開かれる。定員20人。無料。申し込みは同11日までに、同図書館(℡0152―43―2426)へ。

rogomaku2016517 【ニュース】11TOP


 

Abashiri news From denshobato