連載「SL」が走っていた頃

網走市在住の写真愛好家・西田さんの作品による連載企画です。写真を通じて、網走というまちの移ろいも感じ取ってくれると幸いです。

 【網走ニュース】TOP


From 網走ニュース 2017/1/10

【初春の網走湖沿いをひた走り】

昭和49年4月に撮影された写真です。網走湖と国道39号、そして石北線をひた走るSLが写っています。記録によると、撮影場所はホテル網走湖荘の近く。時は経っても、網走の自然景観はあまり変わりません。嬉しいことです。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2017/1/7

【厳冬の網走湖畔】

昭和40年代に撮影さえた写真です。現在の網走湖畔呼人浦キャンプ場のあたりから撮影した作品です。厳冬の網走。木々の枝が凍っています。しばれる網走を白煙をあげてSLが駆けています。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2017/1/6

【網走川を横目に白煙】

昭和49年6月に撮影された写真です。網走川が見えます。たぶん、中央橋のあたりでしょうか。見慣れた建物がある一方で、姿を消してしまった建物も。網走の歴史を感じる一枚です。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2017/1/5

【大曲の線路をひた走る】

昭和49年に撮影された写真です。場所は大曲地区。鉄路のわきに雪があります。冬の網走を駆け抜けるSL。日で輝く白煙が網走の”シバレ”を表現しています。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2017/1/4

【桂町停車場そばを走り抜け】

昭和49年6月に撮影された写真です。撮影場所は桂町停車場付近です。SLが釧網線を駆けています。写真奥には網走市役所などが見えます。まちなかを白煙を上げて走るSL。現代ではちょっと想像がつきませんよね。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/31

【石切り場のトンネル抜け】

昭和49年5月に撮影された写真です。撮影場所は鱒浦地区で、白煙を上げたSLがポンモイの石切り場のトンネルから姿を現しています。海岸沿いの片側2車線の国道244号が真新しい。完成したばかりなのでしょうか。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/30

【冬の市街地、白煙上げて】

昭和49年1月に撮影された写真です。撮影場所は市内の「西4丁目踏み切り」。記録によると、写真のSLは網走発―釧路行き。写真には”昭和”デザインの乗用車、ランドセルを背負う子ども達も収められています。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/29

【厳冬の空に伸びる白煙】

昭和50年3月に撮影された写真。石北本線を走るSLで、この日は網走駅を午前6時14分に出発しました。撮影場所は緋牛内駅だそうです。白煙の迫力がすごいですね。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/28

【残雪の網走湖畔 響く汽笛】

昭和49年4月に撮影された写真。場所は網走湖畔キャンプ場です。木々の間、湖の対岸に白煙はくSLがいます。残雪とSL―。なんだか妙に似合います。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/27

【沈む夕日背に、釧路へ向う】

昭和49年7月に撮影された写真。北浜駅を出発し、釧路へ向う途中のSLです。午後7時過ぎの1コマ。夕日を背に、白煙上げて走るSL。煙の匂い、車輪の音などが聞こえてきそうなワンショットです。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/26

【斜里岳の麓になびく白煙】

昭和40年代に撮影された写真です。クレジットは「斜里岳 北浜へ」と記されています。 おそらく、SLは釧網線を走り北浜駅へ向っている途中なのでしょう。この作品はまず、斜里岳の迫力に圧倒されます。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/23

【押し寄せる流氷、白煙はき走り抜け】

昭和48年3月に撮影。釧網線を走るSLです北浜駅を発車した地点でのワンショット。午後4時くらいで、押し寄せる流氷と白煙、太陽の傾き加減などが、冬の厳しさ、春の近づきを演出しています。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/22

【夕日を背に、北浜走る】

撮影年月日は不明です。ただ、昭和40年代に撮影されたことは間違いありません。撮影場所のクレジットはあり、「北浜」と記されています。太陽の傾き加減から推測すると、夕日を背に走るSLなのでしょう。車両と煙、橋とのコントラストが哀愁を感じさせてくれます。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/21

【流氷まつりに白煙、ごう音】

記録によると、昭和48年に撮影された写真。一見、「どこにSLが…」と思ってしまう作品です。写真の場所は中央公園。当時の「流氷まつり」が開かれています。大雪像の右肩あたりに白煙を上げながら走るSLがいます。素晴らしいショットです。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/20

【そこはもう網走】

昭和49年3月に撮影された写真。記録によると、場所は大曲地区。当時の湧網線で、網走へ向ってくるSLです。車があります。その下に鉄路。逆光による、コントラストが素晴らしく、見る者を惹きつけます。モノクロ写真ならではの作品です。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/19

【小雪舞う網走を力強く】

記録は残っていませんが、昭和40年代に撮影された作品。撮影場所は「天都山入り口」とクレジットされています。この場所、網走市民ならすぐに分かるはず。現在、写真の鉄路は高架線を通っています。ゆっくりと静かに舞い降りる雪と白さと、SLの吐く力の塊のような蒸気の白さの対比が網走人の心を打ちます。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/17

【早朝の海岸 白煙広がる】

昭和49年5月に撮影されました。藻琴地区を走るSL。白煙がすごいですね。写真左奥にはオホーツク海。海岸にSLはなぜか似合います。西田さんの記録によると、写真のSLは午前6時40分に網走駅を出発し、藻琴駅から釧路へと向う途中です。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/16

【駅員、そして少女が見守る】

記録によると、昭和48年10月に撮影。「釧網線 桂町停車場」となっており、現在の桂台駅だと思われます。網走駅を午後1時過ぎに出発し、釧路へ向う途中の1コマ。SLを眺めるランドセルを背負った女の子、そして背筋を伸ばす駅員さんが、この作品のポイントです。素晴らしい作品です。

 【SLが走っていた頃】TOP


From 網走ニュース 2016/12/15

【白煙を上げ、市街地を進む】

昭和49年1月に撮影。網走の市街地を力強く走るSLをとらえた1コマ。西田さんの記録によると、写真のSLは網走駅を午後1時7分に出発し、釧路へ向っている途中です。

 【SLが走っていた頃】TOP


 

Abashiri news From denshobato